恋するタタタン 2005年11月

月別アーカイブ

 2005年11月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちはやぶる神の下にて誓いてし絆を君の笑顔で信ずる 

2005・11 未公開短歌


いたづらにかわいい顔して取り入って甘えたりして 演技上手ね 

いつの日か帰り行かばやふるさとに 君が隣におはしまさまし

文学に埋もれて過ごした学び舎に足跡残す卒業写真
スポンサーサイト

真っ白な世界の華なる彼女らの指先までも美しき舞 

なんか、ありきたりな言葉だけを並べた駄作・・・
ま、いいや。



いきなりですが。
フィギアスケート見るのが好きです。
冬の競技の中ではやっぱり一番好きです。

最近は、日本のフィギア界は女子選手の活躍が目覚しいですしね。
いっぱい試合も放送されたりするから楽しー

私はどっちかって言ったら
ジャンプが得意な選手よりも、表現力ある選手の方が好きです。
日本の女子だったら、
今大人気の安藤美姫ちゃんとか浅田真央ちゃんとか恩田美栄さんよりも、
村主章枝さんとか荒川静香さんの方が好き。
やっぱり、フィギアはスポーツでありながら、演技も重要ですから。
その点ではロシアのスルツカヤ選手はやっぱ素敵ぃぃ
両足のビールマンスピンの美しさったらないよ。


男性は全然詳しくないのでわかんないんですけど。
やっぱり王者ヤグディンんのストレートラインステップは圧巻でしたねぇ。
最近みなこぞってあのステップしてるけど、
必ず取り入れなくちゃいけなくなったのかなぁ。謎。


あと、今シーズン中(NHK杯とかオリンピック中継)にて
6種類のジャンプを見分けられるようになりたいな。
まだアクセルとルッツぐらいしか見分けられないので。

草原の上を走れり透明の風のごとく涼しき歌声 

テレビでちょこっと聞いただけなんですが、
平原綾香さんの「いのちの名前」という歌。
すごくさらっとしていて素敵な歌でした。

聞いたことあるメロディーだなぁと思ったら
千と千尋の神隠し』のテーマ曲のカヴァーでした。
あーなるほどね。



実は私、カヴァーアルバムってあんまり好きじゃないんです。
アーティストが好きな曲だけ集めてそれ歌うって、
そんなのカラオケでやってくれって思ってしまう。(屈折してる?)

でも、この曲はちょっと聞いただけでも素敵だなぁと思ったので、
アルバムも聴いてみたいなと思いました。


ところで、私ベストアルバムというのもあんまり好きじゃありません。
いや、アーティストにもよる。
B’zとかサザンとかユーミンとかドリカムとか何年も活動されてた方々のは
やっぱり聴きたいと思うし、いいと思うんです。
でも、デビューして2・3年のアーティストでベスト発売って?

・・・・。
それは、「ベストアルバム」じゃなくてただの「シングルコレクション」だぁぁぁぁ!!!!


と、思う今日この頃。
その点、平井堅さんさすが!!
新アルバム「歌バカ」。
堂々と「シングルコレクション」って書いてある!!

なのに、記事には「ベストアルバム」って書かれてる。
なんで?
「ベスト」と「シングルコレクション」は全然違うっつーの!!
と思う。(やっぱ屈折してる?)


初めてのキスから幾年過ぐるとも 癖付けられた君のやり方 

君の影響力が恐くなるときもある。
君のこと、どーやったら嫌いになれる?




今年はクリスマスカード送らないかも、送ってしまうかも。

戦える女になろうと決めたけど なくていいわけない君の存在 

平安つながりでこんな本を紹介。


最近マンガを文庫化することが多くなりましたよね。
高校生の頃に読んだマンガが文庫化していて
なんとなく懐かしくて買ってみました。
『リョウ』

源義経が実は女の子だった!!っていう設定で(ありえないというつっこみはさておき)
もちろん弁慶も頼朝も登場しますし、
実際の出来事をふまえて話が進むので
勉強にもなるかも!
一ノ谷の戦い・富士川の戦いとか。

あんまり日本史の授業じゃ登場しない、平氏の御曹司(平清盛の孫)の維盛など
魅力的なキャラクターとして書かれています。

義経としての役割と女としての気持ちに揺れ動く少女。
かっこいいです。

鏡越しでまもられけんや我と君へだてるものの何ぞ冷たき 

この間『源氏物語』についてちょこっと書きましたが
その続き。

私、ちょっと思ったんですけど。
『源氏物語』、大河ドラマになってくれないかなぁ。
・・・やっぱダメですかね?
戦いのシーンとかないと視聴率取れないのかな。

女の私から見れば、別に戦国とか幕末とか、
武士の時代に限らなくてもいいじゃん!と思うんですよね。


ところで・・・
(あ、ここから先は読んだ事ない人にはわかんないかも。読者に優しくないブログ・・・ま、いっか。)

私は『源氏物語』の女性の登場人物だと紫の上が一番好きです。
ずっと自分は藤壺の宮の代わりじゃないかって、その偉大な影に怯えてて
源氏に大事にされるけど子供が出来ない、女としてのやり切れなさ。
それでも、別の女性が産んだ子供を、引き取り育てる気丈さ。
藤壺の宮が亡くなって初めて源氏に一番愛されている自信を得ようとしていたところで、
自分より若く、位の高い女三の宮が降嫁することによって崩れる源氏への信頼。
それでも、愛さずにはいられない・・・


切ない。切な過ぎるよ、紫の上。
泣けます。
ホント、大好きです。
あんな女性になりたいです、私は。


男性の登場人物だったら・・・
好みのタイプは頭中将か匂の宮ですね。
自信にあふれてて、ちょっと傲慢なタイプが好きなんです。
でも、結婚するなら柏木みたいな人がいいな☆
女三の宮と密通はしちゃってましたが、マジメな性格がいいですよね。
同じマジメでも夕霧が好きになれないのは自分でも謎ですが。



あーホント大河ドラマとかでじっくり『源氏物語』を取り上げてくれないかな。
もっと多くの人に古文にも興味を持ってもらえると嬉しいです。

東京の明るき夜空は曇りさえさやかに見えて心乱れる 

都会の夜空は月夜でもないのに明るすぎる。
大通りを空を見上げて歩くと、
空はまだ夜になり切れてないような様子。
昼と同じように、空と雲の境目がはっきりしている。



淋しくなるのはなんでだろう。
自分の心の中の曇りの部分を露呈させられた気になる。


今は、見ないふりしたかったのに。

不器用に肩を抱きつる君が手に我が手も重ね枕とせむ 

たまたま見たブログさんで紹介しててすっかりハマってしまいましたwww


親子パンダのライブカメラです。
こちら→

サンディエゴの動物園なので時差を考えないと、
むこうが夜中だったりして見れないのですが。

私は固定の回線でネットをつないでいるわけではないので、
ちょっと動きがにぶい。
速い回線繋いでる人はきっともっとスムーズに見られるんだろうな。


うまいこと見られれば
親子で遊んでるとことか観れます。
ちょwwwwかわいい。
ころんころん。

言の葉を流れに乗せて君にまで届くようにと歌こそ詠まめ 

最近は空前の日本語ブームと言われているみたいですね。
国語好きには嬉しいことです。
金田一先生のご活躍も嬉しいです。




が。
レポート書くときとかよく思うことなんですけど・・・
古文ってパソコンで書きにくい・・・

古語変換機能のソフトとかインストールすればいいのかな。
もう機械音痴の私はそういう情報にもうとくて
しかたなくよく使う「給ふ」とか「言ふ」とか「候ふ」などは自分でいちいち単語登録してます。


・・・日本語ブームに「古語」は含まれないのかなぁ。


今は論文を書くためにexcelに古文を入力したりするんですが、
古文を横書きすることの違和感ったらないですよ。

というか、そもそも短歌を横書きするのも、すっごい違和感を感じてたのに。
さすがに慣れましたけどね。
でもこんなにブログを書く人がいっぱいいて、
日本語ブームが到来してると言うのなら

縦書きできるブログあっても良くないですか?
古語がもっとパソコンで入力しやすくなっても良くないですか?
古語のweb辞典がもっとあっても良くないですか?

「あのシーンは…」「あの終わり方は…」映画説く君を見たくて寄る喫茶店 

最近またちょっとみたい映画を紹介。
観に行く時間あればいいけど。


大停電の夜に

これね、観たいけど・・設定がクリスマスイブなんですよぉ。
イブが舞台の映画はさすがに一人で観たくないかなって・・・
誰か一緒に行ってくれるかな。


あと、観た人にけっこう評判がいい
ALWAYS 三丁目の夕日』も観たいです。

割引券をこの間本屋さんで(なぜか)いただいたので、
時間があれば行きたいなと思っています。


たまにお邪魔してるブログの守哉さんはどちらも既に御覧になられたようで・・・
うらやましい。

あと、近くで上映するのかまだ調べてないのですが
あらしのよるに』も気になります。
有名な絵本のシリーズなので読まれたことある方もいらっしゃるかな?
ちょっと観たいなと思ってますが、大人一人で行っても怪しくないかな?
大丈夫かな?

何度でも巻き戻されるオルゴールのように何度も君に恋する 

不思議なんだけれど、
いつ会っても、
会ってないときのギャップを感じさせない人がいる。

もう何年も会ってなかった。
もう何年も口を聞いてなかった。目も合わなかった。触れもしなかった。

それでも、人ごみの向こうの君の姿はすぐに見つけられたよ。
それでも、電話越しの声を名乗らなくても君だとわかったよ。




君のこと、また当分引きずりそうだよ。
こまったものだね。

私のこともっと知って確かめて あなたに似合う女かどうか 

えーネタがないので、友達のブログから回されてもいないのに、
「アナタの知りたいバトン」を強奪してきました。

■家に帰ってまず何をする?

テレビのスイッチを入れる→服を脱ぐ

■普段家での格好は?

夏はキャミとかバスローブとか。
冬はジャージやトレーナーです。
つまりはいつでも眠れるかっこです。

■部屋はどんなかんじ?

本棚が3つ。+テレビ台にも本をつめてるので、ごちゃごちゃしまくり。
あと、こまごまとしたおもちゃ(某企業のおまけ)が大量にあります。

■その部屋はあなたの理想にかなってる?

んーやっぱもうちょっと広さが欲しい。
ホントはあともういっこ本棚が置きたかったです。
お風呂とトイレが別なのは嬉しい。

■朝方人間?夜型人間?

超夜型人間です。朝寝て夕方起きるなんてしょっちゅうです。

■好きな音楽は?

最近ほとんど音楽聴かないんですよ。
レミオロメンをかなり長いことレミオメロンだと思ってたくらい音楽にうといんですよ。
ゆずは好きだけど、コアなファンではないです。


■好きな本は?

えー今まで紹介してきたような本。
作家さんでは、銀色夏生さんとか、吉本ばななさんの初期の頃とか、村山由佳さんとか
あ。女性作家ばっかですね。


■好きなマンガは?

一条ゆかりさんとかいくえみ綾さんとかかなぁ。
あ、あとなんと言っても今のおすすめはジョージ朝倉。


■好きなゲームは?

実は、超・超・超ゲーム音痴なんです・・・・
マジでゲーム苦手。
マリオを1面もクリアできなかったくらい苦手。
テトリスも1面もクリアできなかったくらい苦手。
なので、好きなゲームとかないです。


■好きな服装は?

もっぱらスカートです。春・夏・秋は対して服装かわりません。
冬はそれらに防寒のためにコートやマフラーや手袋や耳あてが追加されるだけです。


■好きな食べ物は?

おかあさんのからあげ・おばあちゃんのきんぴらごぼうと豚汁
あとは、カツ丼。甘いもの。冷やしうどん。

■好きな飲み物は?

紅茶(アールグレイが一番好き)。ココア。牛乳。ウーロン茶。


■好きな動物は?

にゃんこ!!!
ネコ科の動物はほとんど好きです。ライオン・トラ・豹・チーター

■好きな場所は?

布団の中。(もう寝てるときホント幸せ。20代の女としてどーかとは思うけど)
本屋さん。
独りでゆっくりお茶できる喫茶店とか。


■好きな言葉は?
  
うーん、これ悩む。普段からあんまりそんなこと考えたことない。
「好き」とかかなぁ。
とりあえずこれから仲良くなろうとか言う人には
「思いつく限りの好きなもの」なんかを聞いたりするので。
  
■逆に苦手なものは何?

一方的な人。計画。魚介類の食べ物。機械。火。お酒。海。

■コレだけは人に負けないものはある?

・・・・だらしなさ?
そっれて女として終わってるよね。。。。

■親友に一言!

いつも甘えてばっかりでごめんね~
話し聞かなくてごめんね~


■最後にこのバトンを回したい人5人

回せる人一人もいやしねーよ・・・
友達少ないなぁ、私って。

紫の想い繋ぎて平成の世でもあはれと読まれるなり 

あー源氏を題材に短歌を読もうだなんて無茶でした。
すいません、もう最初に謝っておきます。


ところで私が最初に『源氏物語』を読んだのは小学生のときに、
図書室に所蔵されていた
「マンガで読む 少年少女 日本古典文学」とかいう感じのものでした。



その後田辺聖子さんの『絵草紙 源氏物語』を中学生のときに読んで以来
やっぱり、古典文学の中で一番好きです。
『伊勢物語』とか『落窪物語』も好きなんですけどね。

大学に来てから勉強すればするほど奥が深くて、
『源氏物語』が専門の教授の授業が大好きでした。

原文はやっぱり敬語表現とかも多いし難しいですけどね。
それでも今でもこうして『源氏物語』にはまる人がいるほど魅力あふれる文学なのです。

とっかかりとしては『あさきゆめみし』がおすすめです。
多少脚色してあるシーンもありますし、原文の通りの進み方ではないですが、
おおまかな流れは掴むことが出来ます。
そして何より絵が綺麗です。

あと最近では『GENJI 源氏物語』というマンガが今も連載中です。
これね、1巻だけ読んだんですが・・・・
「そりゃーねーだろー」という解釈の連続で、
(詳しく書くと「若紫」の話で、源氏が若紫を垣間見てないんですよ!ありえないよ!!)
ちょっと・・・なんていうか・・・耐えかねるものがありまして、
以降の巻は読んでないです。
レビューはやたら評判がいいみたいですが、
これが『源氏物語』だと思われると、ちょっとやだな。
(そもそも源氏もかっこよくないし、藤壺の宮も美しくない。そこ重要)


ちょっと解釈が行き過ぎな所はあるけど、まだ江川達也さんの『源氏物語』の方が参考になりますよ。
一こま一こまに、原文も一緒に載せてあるので、
解釈に「ん?」と思っても、自分で原文が読めるようになっているという親切なマンガ。
引用されている漢詩なども丁寧に説明してくれてるし。
とある塾では受験生に読むように勧めてるとか。
あー54巻までちゃんとやってくれるかなぁ。心配だなぁ。

古典文学ってとっつきにくいイメージがあるみたいだし、
何より高校生の頃文法の勉強ばっかりさせられたりして
「古典文学なんて読みたくない!!」とか「興味ない!!」って言う人も多いかもしれませんね。

でも、ハリーポッターなんて目じゃないくらいの大ベストセラーですからね。
なんらかの形で『源氏物語』を読んでおくのもいいと思いますよ。

与謝野晶子や谷崎潤一郎とか瀬戸内寂聴とか数々の現代語訳版もありますからね。

美しき時を切り取り飾られたページをめくれば僕に会えるよ 

友達に勧められて買いました!!
H』11月号。

『H』は時々、買ったり、本屋で立ち読みしたり、素通りしたりしてたんですが。
隔月発行から満を持して月刊になったそうです。

クオリティーの高い写真と、流行を発信する方による連載など
魅力ある雑誌で好きなんです。
ファッション雑誌なわけではないので、
アパレル業界の売りたい本音が見え見えのあの嫌な感じがしないトコがやっぱいいですよね。
ホントに写真がキレイです。


今回の号は創刊から11年の歴史を振り返る特別号で、
第1号からのあしあとが見れます。



しかし・・・・知らなかったぜ。
『H』の最初のコンセプトが名前のまんまだったとは・・・



ところで、私が高校生だった頃に発売した号で
「渡部篤郎×中谷美紀 誌上ラブストーリー」という企画でフォトセッションなさっていたものがあるのですが。

もう、これが素敵で素敵で。
どうしよぅ!!あぁん、身悶えww
ってな感じぐらい美しくて、下手すりゃ鼻血もんで
もう、なぜあの時購入しなかったの、私のばかばか。
と当時の貧乏な自分を悔やむばかりの号です。

もちろんバックナンバーはとうの昔に売り切れていて今では手に入りません。
ネットオークションとかで出てないかなぁ・・・


余談ですが、『H』のタイトル検索することの難しさを実感。
海外作品やアダルト系にひっかかりまくりました。

さりげなく試しているの 彼の事好きになってもいいかどうかを 

好きな人が出来ると友達との会話の間に、
さりげなくその人の事を話題にしてみる癖がある。
「好きだ」とはばれないギリギリのラインで。

「好きかもしれない」とか「好きになりそう」という時期には
なかなか口には出せなくて、
自分の心が決まったら、なんとなく、試しに話題にするのだ。

どんな反応がかえってくるかな、
「好き」だってこと言っちゃってもいいかな、
とか考えながら。

中学生ぐらいの頃は有無も言わさず、
好きな人が誰か教えあわなければいけない感じだったけど。

高校生の頃からあんまり人に言わなくなって、
大学になったら回りの友人もほっといてくれるから嬉しい。
1年の頃から仲良くしてくれてるコたちは(っていうか私もだけど)
すべて事後報告。
あまりにさばさばした関係なので、他のグループの子達から心配されたりもしてるけど。



夏に地元に帰ったときに、昔の話になって、
たまたま私が好きだった高校の時の先生の話になり、
一人が「えー?それどんな人だったけ?」とか言うから
私が、「ほら。1年の時は○組の担当で、2年の時は○組と□組の担当で、△部の顧問やってて・・・・」とか言って説明したら

「よくそんなこと覚えてるね」とつっこまれてしまった。
あぶないあぶない。

思い出もやっぱりなんとなく人に話すのがもったいない気がするので、
知らない人にはこのまま内緒。

スズメバチのごとく鋭きまなざしは みそかの雄姿を捉えているか 

たまに意外と言われるけど、けっこう格闘技を見るのが好きだ。

年末は紅白よりも格闘技。
ニュースで知りましたけど、今年の年末TBSの目玉は

 曙VSボビー・オロゴン

らしいですね。
3年連続、曙で年越し?
・・・・みんな曙に期待してるのかさっぱりわからない。
今年はついに素人相手かい。

一昨年の年末は、どこの局の格闘技を見ようかぶっちゃけ迷いましたが
去年はもうTBSには見切りをつけてフジの「PRIDE男祭り」を父と観ました。
視聴率争いは、いい対戦カードをいくつも揃えていたフジの圧勝だと思っていたけど、
TBSの方が良かったんだってね。

何故???
・・・・そんなにみんな曙が好き?
曙VSホイス・グレーシーなんて結果はわかりきったものではなかったのか。
これで視聴率取れたのが謎!
ヒョードル VS ノゲイラの方が絶対見逃せなかったと思うんですが。


そーそーでも去年。
フジの「男祭り」を観ていたのについうっかりボビーの試合(TBS)に途中で変えちゃって、
まんまと見入ってるうちに、大好きなミルコさんの試合を見逃すという
もう悔やみきれないポカをしてしまった。

今年は絶対見逃さない所存です。




あ、ちなみに私は、K-1よりPRIDEが好きなわけではないです。
どっちかって言ったら打撃戦を観てる方が好きだし。

でもいい選手がどんどん辞めてPRIDEに行ってしまったし・・
レミー・ボンヤスキーも武蔵も好きじゃないので、
ここ数年のグランプリもつまんなくて仕方がないんです。

ピーター・アーツの全盛期ぐらいが一番好きでした。
アーネスト・ホーストも今は亡きアンディ・フグも好きだったんです。
もちろんピーター・アーツも好きだったし。

ちなみに、PRIDEだったら
桜庭和志さんが一番好きです。
レスラー特有の練習でこすれてつぶれた耳も
ホイス・グレーシーとの大事な大事な試合に、深夜番組のゲームでロンブーの淳さんに負けて、
その際約束した(当時の淳さんと同じ)赤い髪でちゃんと出場したところも大好きなんです。

年末も楽しみですね。




今回格闘技に興味ない人はすいません。
自己満足の記事です。

悲しさや悔しさうまく処理できず憎むことだけ覚えてごめん 

眠れないときには撮り溜めしてた映画なんかをよくつけっぱなしにしている。

昔から気になってる映画とかがテレビ放送するときは、
ビデオにどんどん撮り溜めしてるので、
けっこうなビデオの数になってしまっている。

DVD買うお金もハードディスク買うお金もないので仕方ないの。


ところで、眠れないときによく選ぶのは
らせん』『リング2』『リング0 ~バースデイ~』を録画した
その名も「呪いビデオ」である。

ホラーは基本的には嫌いなんですけどね。
このシリーズは何故か平気。しかもけっこう眠れるし。

リング』は結構頻繁にテレビ放送するので録画してませんが。

なんかすっかり呪いの象徴のようにもなった貞子ですが。
私は、『リング0 ~バースデイ~』で仲間由紀恵さんが演じられた貞子がかわいらしくって一番好きでした。

恋する貞子・・・

その姿は悲しくて美しいです。
これみた後に『リング』見ると全然印象が違ってくるので、
まだ見てらっしゃらない方にはおすすめです。

「秋限定」文字に惹かれて今日だけはダイエット忘れケーキほおばる。 

ちょーしこいて遠くまで散歩に行き過ぎて、
帰り道に久々の貧血に襲われてしまいました。
いやぁ。道端で倒れたの久しぶり。
酔っ払いみたいにふらふらしてて怪しい人物になってました。


半ば這うようにして入ったのがケーキ屋さんで(ダイエット中だというのに)。
店内で食べられるようになってるんだけど、
「と・とりあえず・・・・座らせてください・・・」
って言うと店員さんにめっちゃ心配されました。

 大丈夫ですか?
 ご気分悪いんですか?
 お水お持ちしましょうか?
 おしぼりご利用になりますか?
 タクシーお呼びしましょうか?


すごくいい店員さんでした。そんだけひどい顔色だったのかもしれませんが。



でも、
「あ・あとで・・・・ケーキは・・選びますから・・・」





・・・・アップルパイ完食して帰りました。
すごくおいしかったです。

空かくす赤き思いを見上げつつなおまた行かむ 今日は秋晴れ 

最近は一日一回外出することが目標で(いや、ほんと引きこもりだから)
散歩をたくさんするようになりました。


ちょーしこいて遠くまで行っちゃったりしました。
近くにちょっと有名な神社があるのですが4年間一度も参拝したことなかったので
ちょっと行ってみたり。

遠くに行き過ぎて、道わかんなくて、
住宅街うろうろしてたらちょっと不審者っぽくなったり。

とりあえずまっすぐ行ってみるかと思い立ち、行ったら道がなかったり。

道に迷って3駅分くらい歩いてたり。



・・・してます。


強引でわがまま王子 でも何故か突き放せないし大事にされたい 

ようやく『花より男子』の道明寺くんがかわいくなってきましたね。
(え?テレビ見すぎ?  ほっといて!)

原作のマンガは私が小学生のときに連載が始まったので、
昔はやっぱ憧れてましたよぉ。

強引で、力強くて、かっこいい、お金持ちの王子様☆
やっぱり、少女漫画の王道は強いですね!

でも、ドラマのキャストは微妙・・・
だって、暴君・道明寺司が松潤。
かっこいいけど・・・けど、胸板が薄いんだもん。腕細いんだもん。華奢すぎるよ・・・ジャニーズだから。
(TBSサイトのキャスト紹介にも松潤の画像がないのも、やっぱジャニーズだから?)

その点は、『流星花園』(台湾版 『花より男子』ドラマ)の道明寺役のジェリー・イェンさんの方が、
私的にはグッ(*ゝД・)Ьでした。腕が太くて素敵です!

でも、つくしちゃん役のバービィー・スーさんは、綺麗系でなんか美人過ぎる。
全然庶民な感じじゃない。アイドルそのものです。

つくしちゃん役は井上真央ちゃんの方がハマってます。
親近感があって、好感持てるし。かわいいよなぁ。

そして、気になるのが小栗旬くんは、いつまで高校生役を続けるのか・・・
だって『GTO』(’98)『Summre Snow』(’00)の時も高校生役じゃなかった?
恐るべき不老力。



ところで、なにげに気になっていた点があるんです。
原作で、つくしちゃんの親友のお姉ちゃんが派手なボディコン着てジュリアナ好きで、
つくしちゃんも誘われて一緒に踊りに行くシーンがあったのですが(時代を感じますね)、
それはディスコからクラブへと名称を変えていました・・・
そして、当時はまだ普及率の低かった携帯電話もドラマ内でちゃんと登場してました。
ま、当たり前か。

彼のこと忘れるぐらい酔ってくれ 僕の涙ベースのカクテルで 

君は何気なく話すけど、
君が楽しそうに話す分、僕の心は冷え切っていくって知っている?

「どう思う?」なんて簡単に聞かないで。
知らないよ、君が彼の前でどんな顔してるのかすら知らないんだから。

話があるからって今日は来たのに、君から出る話は彼の愚痴。
でも僕が非難すると怒るんだ。

仕方がないから、今日はとことん付き合うよ。
さぁ、君の好きなカシスソーダを頼むから飲みなおそうよ。



そう思っていたのに、君はあっさり
「電話が来ることになっているから」だなんて、ひどすぎない?

いつもの電車でゆられて眺める窓に、
一人むなしい僕の姿。
真っ暗な自室に帰ってため息もれる。
even if』な一日。 おつかれ、自分。







2009年10月23日追記
当時は貼れなかったyoutubeの画像・・・・・一応貼っておきます。

秋空にはかなくなるとてひだまりを残すここやかしこに心にも 

昔から見知っている人が、亡くなったと知らされました。
自分で人生に終止符を打たれたそうです。


ここ数年は会うことも少なくなり、
夏前に少し会ってお話したのが、最後になりました。

その人を想うと
いつもにこにこと優しく温かく笑っている姿ばかりが浮かびます。



どうか、安らかに。




追悼三首

紅葉葉の流れるきどに立つ君の後ろ姿を見送る夕べ

紅熟の石榴ころんと手渡して微笑みし君のいつかの指先

香りごと詰めた大粒 君からの苺の味は忘れないから

スクリーンの中に恋する涙する 他人の人生覗き見してるね。 

私はハリウッド映画より、韓国映画よりも、日本映画が好きだ。
昔はハリウッド映画のあのダイナミックさが好きだった。
でも、今は日本映画のしっとり感が好き。
派手なアクションも、大掛かりの爆発も(めったに)ないけど、
でも、好きだ。

個人的には、映画俳優さんがもっと増えるといいなと思う。


ところで。
最近観ようと思ったけど観なかった、そんな映画が増えてきました。

まず、
NANA
もう、いまさら観てないとか言えない感じもあるけど。
なんか、予告見てると私が原作で好きなシーンまで行かないみたいだし、
ま、いっか。どーせ観るなら続編で。
という事で観なかった。流行についていけてない年頃。
(いつのまにか、主人公の年を追い抜いてしまった・・・・)


春の雪
三島由紀夫原作で、行定勲監督、妻夫木聡主演、宇多田ヒカル主題歌。
豪華ですねぇ・・・

でもこれまた予告を見て、竹内さんと妻夫木さんの組み合わせに違和感があって、
ま、いっか。観なくても。
という事で観なかった。
行定監督の作品なら、『ひまわり』『贅沢な骨』『きょうのできごと』辺りが好きでした。



メゾン・ド・ヒミコ
これは正直まだ観たい。まだやってるかなぁ・・・
オダギリジョー・柴咲コウ共演、犬堂一心監督の注目作なのに
ミニシアター系ですよね?なんでだろ。
この監督の『ジョゼと虎と魚たち』『死に花』も気になってたのに見なかったので、今度こそは!!
と、思ってはいる。思って「は」いる。



あと、
私の頭の中の消しゴム
これは、日本映画ではないですが。
テレビ番組で、スマップのゴローさんが、
「男には共感できない。女の人の理想だけが詰まった作品。」
「ここで泣いてくださいっていう意図が丸見え。」
と、かなりの酷評だったので。
だったら、いっか。観なくても。
という事で、公開中ですが観ないことにしました。





ところで最近海外の映画に、日本語版とかいって新たに主題歌つけるようになってるみたいですね。
あれって、どうなの?
映画と合ってないんじゃ・・・と思うのは私だけでしょうか。

借り物の時計が腕から抜け落ちていくかのような違和感残す 

ようやくブログにも慣れてきたことだし、
いっちょブログパーツでもつけていじり倒してやろう!!





と、思ったのに設定できなかった・・・・
あぁ、自分でも嫌になるくらいのIT音痴。
なんでつけれないんだぁwwヽ(≧д≦#)ノ






あ、独り言です。

心あてに見ばやと願う一人寝のわびしきかな霜月の夜 

今日、馬鹿馬鹿しい夢を見てしまいました。

V6が登場。
いや、岡田君が出てこなかったので正確にはV5状態。
(岡田君が一番好きなのに)


5人は、どこかのグラウンドの草むしりや石ころを集めさせられてました。
(アイドルなのに)

運動会でもあるのかなぁと思っていると、どうやらそれは映画ロケの準備だと言うことでした。
しかも、岡田君主演の。
(どんな映画かちょっと気になる)

雑務に、くさり始めて文句を言い出す森田君。
「なんで、俺らが岡田のためにこんな事やんなきゃなんねーわけ!?」
(そりゃそうだよね)



そこに、私登場。
「あなたたちは6人でV6でしょう?メンバーのために力を合わせて頑張らないと!」
とV5をなだめる。




台詞がくさい・・・・
しかも、一体私は何様のつもりなのでしょうか。
謎な夢でした。

マフラーのように私をつつむ音 心地が良くて甘えたくなる 

久しぶりに聞きたい音がある。


久しぶりに聞きたい声がある。



今も、帰れば変わらずに、あなたは笑って歌ってくれるでしょうか。
また、「大丈夫」って私の背中を押してくれるでしょうか。





傲慢で圧倒的な支配力翳して惑わす君を欲す 

前にも紹介したジョージ朝倉のマンガに今もハマってます。


だんだん、絵が巧くなられましたね。
っつか、ぶっちゃけ前は手抜きだった!?
背景が綺麗になりました(ってそれはアシスタントさんの仕事のおかげか 笑)
少女漫画にあわせて瞳がでっかくなりすぎちゃった感もありますが。


なんかのファッション誌でマンガ特集してて、
モデルさんやスタイリストさんが自分の好きなマンガを紹介してたんですが、
その中で、
「マンガ家さんの紹介する・私のすきなマンガ」
ジョージ朝倉さん、堂々と自分のマンガを挙げてた。

「ちょーど、連載再開するんで・・・」とコメントしてたのが笑えた。
そんなところが大好きです、ジョージ朝倉
借金全部返せてよかったですね。


ちなみに今連載中のマンガの中では『溺れるナイフ』が一番好きです。

東京で小学生モデルとして活躍しながらも、父の仕事の都合で田舎にやってきた美少女・望月夏芽。
権力に守られ、一方で孤独に晒される少年・長谷川航一郎。

大人びた二人の関係がすごく惹かれます。
そして私的見所は、少年だったコウちゃんがどんどん大人の男になっていく様子ですね。
正直カナリ好みです。
どう頑張っても太刀打ちできない男・・・
いいなぁ・・・



今現在、単行本が2巻まで出てます。
正直本誌では一度も読んだ事ないので、先が気になりまくってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。