恋するタタタン 2007年12月

月別アーカイブ

 2007年12月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぁ集え 歓喜の歌を高らかに響かせて今年のフィナーレが決まる 

将来の出来そうな夢を一つ語るなら
ドイツ語で私も第9が歌いたい。

年末と言えば第9な雰囲気が定着しつつありますが
去年は仕事で見れず
一昨年は格闘技欲求に勝てず
今年こそはと、NHKの紅白よりチャンネルを回す。

交響曲第9番ニ短調作品125

にゃんにゃんも真面目に観てたよ。



ところで、紅白見てて思ったんですが。
徳永さんの歌う「恋におちて -Fall in love-」の元を知ってるのは
いくつくらいの子までかな。
「ダイヤル回して 手をとめた」って作業が想像つかない子も増えてるよねぇ。
もう、この曲と言えば「金妻」じゃなくて「金スマ」じゃん?みたいなー
あーだから中居君かぁ。みたいなー



・・・・・ジェネレーションギャップ恐るべし。
ちなみに、私の世代は「ポケベルが鳴らなくて」もわかるよ。

スポンサーサイト

我の選ぶYシャツ別の女(ひと)洗うアイロニーなり朝の行事は 

携帯蔵出し短歌


父という役職持てり 窓際のフリしてデートの予定組む君も

なあなあの誘いに響くなあなあの答えは宙浮く≠(ノットイコール)で

突然の誘いがあってもいいようにコロンはつけない武器は減っても

ざらざらとあたしを撫でてくその舌の愛撫の武器に勝るもの無し 

今日から里帰り。


あー早く・早く会いたいわ☆
と願っていたのは秋口より母が飼いだしたという猫ちゃんwwww

もう、子供頃は祖母が動物大嫌いと言う事もあって
絶対飼うことを許してもらえなかったものですが
いやぁ、年取って丸くなったのかな。

で、そんな我が家の猫ですが
名前はにゃんにゃんです。
母の実家の猫は、にゃんこです。
センス疑われてます。




初対面で緊張しましたが
もう一瞬でノックアウトされましぜ、ふふふ。
かーーーわーーーーいーーーーーーーいーーーーーーーーーー!!!!!


楽しい正月休みになる。予感。てか絶対。

使えない細胞囲う暇あらば少しは浮気のいいわけをして 

今話題の・・・・ってなってからもう大分たつ
脳内メーカーを今日会社でやってみた(笑)


私の検索結果

脳内メーカー



なかなかバランス良いんでない?
「妄」の字が、この間65%妄想宣言したばかりだからなんかウケル。

間にスペースを入れるか、または半角スペースにすると結果が異なります。
そうすっと、私、「欲」とか「悩」とか色味が濃い脳になってしまう。



ちなみに、本名の検索結果は
「悩」オンリー・・・・・かまたは、嘘で固め対人関係な感じの脳でした(笑)

略字だと、「H」オンリーww
または超秘密主義な脳でした。

脳内メーカーは占いじゃないけど、案外当たってそうで怖い。

昼休み茶色ばかりの弁当に悪意があるのをあなたは知らない 

料理が嫌いだと宣言しても、
あなたは笑って、それもいいんじゃないと言う。
旦那さんになる人は大変かもねなんて。



あなたにはその可能性がないから笑っていられるだけ。

不自然な愛問うアダルトチルドレンの生贄なんてなってやらない 

                      65%妄想宣言


このブログのショートショートは
65%妄想と35%の私の気持ちで出来ています。

だってホントのことだけ書いてもう苦しみたくない。
ホントのことだけ書くのは簡単だけど
その前に大事な人がいるのです。

そして、ブログはわたしの逃げ場でなくては困るのです。

枕カバーにポプリを忍ばせ安眠と堕落と別れを期待している 

排水溝にこびりついてる長き髪ショートショートな恋ねとポイ捨て

私だけのぼせていたのねこの恋も冷めれば洗濯できるのかしら

トリートメントの減りのスピード遅くなりこんなとこにも別れの予感が

生放送温泉リポートする女(ひと)のポロリよりもあたしを見ててよ






上記4首も笹短歌ドットコムに投稿中

なんてゆうか。
締め切りだったから無理して作ったから
自分の歌じゃないみたい。。。。。。

駅までの道のりわざと間違えて奪い給えよ我の終電 

おかしな話だけど
あなたは私のことなんてちっとも好きじゃなかったろうに
私が一番好きなのは今でもあなた。


手を繋いだり
キスをしたりするだけで
泣きそうに嬉しいなんて
私の転がし方が憎らしいほど完璧



今日たまたまあなたとの最初の思い出がつまる街に行ってきました。
有無を言わせぬ強引さがあまりにも素敵なあの夜を
私は忘れられません。

紫の怒りをもっとぶつけてもあたしは絶対壊れはしないよ 

今日は芸大に通う友人の初☆個展を観に行ってきました。

阿佐ヶ谷のこじんまりとしたカフェギャラリーで
その個展は開かれておりました。

日曜だったら一日中いると言っていたので、
予告無しに行ったのですが、ホントにいたので
元美術部3人で楽しくお茶しました。

全然、好みも性格も違う3人なのですが何故か気が合いまして・・・
たまたま田舎の母から電話があり、今何してるのと聞かれ
いつもの3人でお茶してると言うと
ため息交じりで笑われました。
成長のない娘ですんません(笑)




それにしても。
友人の絵はなんだかすっかり毒気がなくなってしまったというか。
正直(友人にも直接は言ってませんが)、前の絵の方が好きだった。




もっと、衝動に駆られてもいいんじゃないか

黒糖の香り携え彼女らはたおやかなれる女に味変え 

今日は、友人と久しぶりに会いました。

新宿で待ち合わせてお茶に行きました。
私の新宿の待ち合わせと言えばスカラ座な感じで。


実は高校の卒業式以来会ってませんでした。
携帯番号も知りませんでした。
共通の知人を通して大学3年くらいのときに
彼女のHPを知り、そこを通じて連絡を取り始め
彼女の影響で短歌ブログを初め
まー今に至るわけです。


彼女はなぜか私のことを
芯が強くてカッコイイ人だと勘違いしていて
卒アルのコメントにまで書いてくれていて
そりゃぁもう、私にとっては恥ずかしい感じでした。


久しぶりに会った彼女は
なんとなく図書館の司書さんを思い出させるような
柔らかさを携えていて、
穏やかな雰囲気は変わっていなくて安心した。



私は、そんなに出来た人間でもないし
正直いろんな事にのたうち回っているようなヤツですが
それは私が小中高とずっと尊敬してた先輩への憧れに近いのかも。
比べるのもおこがましいし、ちょっと・・・いやかなり恥ずかしいけど。

ぱぴこちゃん、また遊ぼうね。
今度は雑貨屋めぐりでもしませんか?

知らず知らず嘘という名の真実が我が物顔で食卓に座る 

今日も引き続き映画鑑賞


直木賞受賞作家、角田光代さんの作品映画化の
空中庭園』です。

キョンキョンの久しぶりの主演作品ですね。

あんまり期待せずに観てたんだけど、
けっこうおもしろかったです。

何がって、女性陣のはっちゃけぶりが良かった。
キョンキョンの「もう死んじゃえば?」を初め
永作博美さんの「ちょーろーすーけー」
ソニンちゃんのテーブル下の愛撫
杏ちゃんのちょっとむっちり気味のミニスカート
大楠道代さんの生足


それに比べて板尾さんのひょうひょうとした存在が溜まりません。




空中という中途半端な位置に、庭園という夢を造る。
最先端(だったはず)のマンション(の名を借りた団地)に、完璧(のはず)な家族を作る。
テーマは明確だね。





ところでパッケージにも載ってますが
キョンキョンがかわいいよ。
あの年でなんでピンクのコートが似合うの?ずるくない?

あとネットサーフしてたらおもしろいレビュー書いてる方がいたので
紹介しておきます。
「活動写真放浪家人生」の空中庭園の回です。

優しさも知らずに育った子供らはサイトで悪意を刃に変える 

今回、ちょっと趣向を変えて借りてみた。

破線のマリス』です。

邦画は邦画なんだけど、
恋愛映画とか、青春映画を観ることが多いんですが、
今回はサスペンスです。

黒木瞳さん主演なのですが・・・・
製作が99年なので、8年という月日がちょっと違和感を抱かせます。
それほど文明の機器の進歩が早くてねぇ・・・・


というかその前に
大声で言いたい事が一つ。



結局黒幕は誰やったとー?

そこ、サスペンスとしては大事じゃね?
タイトルの意図してるトコはちゃんと踏まえてたよ、確かに。

・・・・で?
みたいな。
だから、その始まりはなんやったと?

もうあまりのぽかーんな終わりに
思わず口調が『ひまわりっ!健一レジェンド』です。
あんなコント描いてるのに、本人美人って知ってる?


話それました。
そんなこんなでサスペンスなのに犯人わからず不完全燃焼。
もしかして、私がバカだから気付かなかっただけかな・・・?

差し出された傘の青さのそのリアル 返せず仕舞いね、私みたいに 

人気のない場所を選んだのは、
あなたが私を信用してないからでしょう。

喫茶店でも行こうものなら、
私が店員さんの前でかなんかで大騒ぎしたり、泣き出したり
するって思ったんでしょう。

雨が木々の間からも降ってきて
あなたが傘を差し出したのを、
少し笑ったのは、
私の体のことのは心配しても、
私の気持ちの心配はできないその鈍感さ。

ただ一つ確かめたくて今も私、手放せずにいるツーショット写真 

今回、久しぶりに名前を変えて
笹公人の短歌プロジェクトBlogに投稿してみたよ。

今回のお題が、湯・風呂・温泉ということで以下の通り


今日だけは目玉のおやじになりきってだれた温度に甘えてしまおう

霜焼の足先浸す瞬間の痛みに似たるや君との逢瀬は

君ん家のせっけん、シャンプー何使ってる?同じの揃えて待っててあげるよ

ミルキーウェイが溶け落つ露天湯 カフェオレに例えて誘うあなたが好きよ

ドリカムの「すき」を聴きし夜バスタブに溶けゆく涙は肯定される

太ももに大きく残れる日本地図湯治と称して沈没させる
これはちょっと一言。
私の好きな漫画家・片岡吉乃さんの「雪とカラス」へのオマージュ
え?知らない?まーマイナーですから・・・・


しらけていく東の空に抱かれつつ赤信号を渡り終えてる 

正直な事を言えば、
あの日の夜は相当酔っていたし、いいわけはしない。


だけど、何も準備しないままで私を抱こうとしたあなたが
あまりにも迂闊に思えて少しがっかりした。

今、考えれば私が拒むかどうかカケてたのかもと思う。




あなた、ホントは私のこと抱く気なかったでしょ。

隣席は鞄が座るカウンターで檸檬の字のみがピリリと香る 

一人、通いなれたバーの扉を開く。


いつもと同じ。
カウンターの一番奥。


私は洋酒は飲めないから、
モスコミュールにする。

「いつももかわい子ぶってるわけじゃないのよ?」
バーテンダーの男の子はクスと笑って
「わかっていますよ」と答える。



だけどね、あの人はわかってないの。

かいこぶってなんかない。
かわいこぶってなんかいられない。
そんな余裕ないの。

だけど計算高い女だとあの人はきっと思っている。

もうずっと前からあなたに恋してる 火曜の朝のように自然に 

私はあなたの平日の顔しか知らない。

あなたは女友達に置いてきぼりにされてく私を

本当はどうするつもりですか?

チェイサーをはさむ隙さえ与えずにさらりと溶けて進む別れ話 

突然ですが、焼酎の勉強中です。
今年になって飲めるようになりました。

麦か米のみですが。
芋は来年以降のお楽しみということで・・・・

まだまだ焼酎初心者なので、
有名どころとか、どこでも見かけるなじみものしかまだ知りませんが。

一番すきなのは
黒木本店 『中々』です。

中々

プレミア焼酎として最も有名な麦焼酎「百年の孤独」の原酒です。
恥ずかしい話、「百年の孤独」は一度も飲んだ事がないのでなんとも言えませんが
やわらかい口当たりと、麦の香りがふんわりと香るところが好きです。
初心者にもとっても飲みやすい。
いつかは「百年の孤独」と「陶眠中々」も飲んで見たいものです。



あとお勧めは、今年発売されたばかりの佐藤酒造『佐藤 麦』です。

佐藤 麦


佐藤と言えば芋焼酎ですが。
佐藤ブランドの新たなラインナップとして、麦が今年登場。
「佐藤 黒」や「佐藤 白」に比べて、比較的安価で手に入れられます。

何より麦の芳ばしい香りがなんとも言えません。 まさになんです。
初めて口にしたとき、トーストを思い出したほどです。
その強い香りからは想像できないくらい、口当たり柔らかくびっくしました。



これからまだまだ焼酎を試すつもりなので、
お勧めとかあれば教えてください。

もがいている私を視界に入れながら彼女を抱けるあなたがすごいよ 



本当は秘密のままが良かったんでしょう。

何がって、あなたにとって



都合が。

エレベーターの監視カメラの向こう側不敵の笑みのわれ写るらん 

思わずガッツポーズしているのを、会社の上司に見られた。


私から送ったメールの返事じゃない。
また当分来ないかもしれない。

だけど、君が私にメールをくれた。
ただそれだけで嬉しくなる。



暗闇の中で確かに燈されたオレンジ色の出会いのしるし 

今日の映画レビューは『暗いところで待ち合わせ

人気作家・乙一の作品映画化で、
主演は田中麗奈ちゃんと台湾スターのチェン・ボーリン君。

中国と日本のハーフって設定なんだけど、中国育ちだから日本語が苦手で
日本社会でうまくコミュニケーションが取れず
真面目な性格も裏目に出てしまうという、陰のある青年役を
チェン・ボーリン君に上手くマッチしています。

でも、個人的には『アバウト・ラブ/関於愛』の方が、
もっと不器用でもどかしい恋心溢れる青年としては好感が持てたし、かわいかった。

田中麗奈ちゃんも、やっぱり明るく活発な女の子の方が似合うので
ちょっとイメージと違ったかも・・・・


ところで、この映画の一押しは井川遥さんです。
魅力的な女優さんになられましたよー
空から降る一億の星』の頃、正直下手だったし、台詞棒読みだったし・・・・
思うに『アフリカのツメ』への出演が
彼女にとってとてもプラスになったように思います。

千切れ千切れのあたしを再生するために歌を詠んでる、そして泣いている 

今、ブログの引越しの真っ最中。

新しく記事も書きながら、細々とやっていこうと思う。


ホントはブログをやるの少し怖い。
だけどなんだかカウンセリングのような気にもなる。

私はやっぱり歌っていないと落ち着かない。。。。。
・・・・そんなわけないけど、そんな気がする。

明日と言わで限りもあらぬ武蔵野の小さき夜は明るく更けつつ 

友達の東京案内がてら新宿都庁に久しぶりに登ってみた。
あかるいうちに登った事がなかったから、
私が思ってる東京が、案外小さくてびっくりした。


あなたが住むあの街はどのあたりだっけなんて、
真剣に探してちょっとバカみたい。



あなたが、私以外の人と住むあの街をホントは知らない方がいいのに。

さよならの予感が胸に広がれど悟られたくない、嫌われたくない 

公開のときから、つか、その前から気になっていた
タイヨウのうた』をついに借りて観ました!

YUIちゃんは、デビューのときから好きで、
この映画公開時は忙しくて劇場まで観に行けずもんもんしておりました。


映画の中での彼女はとっても透明感のある素敵な少女で
演技については下手だけど、まぁそれも良し。

塚本君の爽やかで勢いのあるフレッシュさが映画全体を引っ張っていて、
岸谷さんの落ち着きが締めていてバランス良かった。

YUIちゃんの友達ももう少し演技が上手いと良かったけど、
間の取り方が演技してる~って感じだったかなぁ。


ドラマの予告みたいなのも収録されてたけど
私は沢尻さんより、YUIちゃんの方が好みです。

本当はあなたの腕に抱かれたい 他の男の香りに酔っても 

あなたがなかなか連絡をくれないので、
他の人と会ってみたりする。

それなりに会話を楽しんで
それなりに大人になって

あなたはなんて言うかしら。
怒る?軽蔑する?喜ぶ?



朝帰りのタクシーの中で私はまたあなたにメールしてしまう。

全部が全部受け止めなくたっていいんだよ あなたといるって私が決めたの 

あー私、理想の男に出会ってしまった。


今、ちょっと昔のドラマにはまっている。
レンタルだけど。返すのがちょっと悲しいくらいはまっている。


ヒーローがめちゃ好みなんですぅぅぅ。

ヒロイン曰く
1.自分勝手
2.ナルシスト
3.自信過剰
4.いつもぶつぶつ文句ばっか
5.淋しがり屋。すぐ泣く。それも私の前でだけ。

・・・・・・好み。
ツボをがんがん突かれて、胸がきゅんきゅんなんですけどーーーー

自分勝手だけど、優しいとかね。
自由奔放だけど、仕事は一流とかね。
少年のように無邪気だと思えば、大人の男の余裕さ。

あん。
素敵すぎ。




2年前の、竹内結子さん主演の『不機嫌なジーン』です。
視聴率は振るわなかったみたいですけど、向田邦子賞獲ってます。
南原教授・・・・・かっこいいっス。

真夜中の熱に転がる頭の中でそれでも迷わぬ君のナンバー 

風邪をひいた。
同じ部署の人がみんな風邪っぴきでやられちまいました。


こんな時は早く寝ようにも寝付けなかったり
無性に心細くなったりするわけで
一人暮らし6年目と言えども誰かの声が聞きたいわけです。




とりあえず、一番にかけるポジションはまだ君です。

ほらあなたも輝き一つお忘れです 幸せ燈して語ろう友よ 

クリスマスが近いので、こんな映画を観てみる。

ホントは公開のときに観たいなと思いつつ、
忙しくて(忙しいっていいわけにして)観に行かなかった。

大停電の夜に


自分的に一番感動したのは、
田口トモロヲの顔、初めてあんなにきちんと観れたーーーー
ってことです。

なぜって、彼は、私が気になる映画ほとんどに出演していて、
そのくせ、どの役の人だかよくわかんないって感じで。
プロジェクトXの人だって友に教えられても、
声じゃなくて、顔がわかんねだっつのとかつっこんでみたりしてたわけですから。


レビューは・・・・・ま、いいや。
損も得もしない映画ってかんじかな。

私的にはもうちょっと井川遥さんが乱れて嫌な女になっていても良かったな。


もうそこに私の姿は見えないでしょう 今まで気づかぬあなたが悪いわ 

久しぶりに、前の会社の友人に会って来た。

もう、同じフィールドで戦えない事が少し悔しい。
私だってまだ出来たはずだ。
結果が残せたはずだ。

でも、私は逃げ出したから。
傷口押さえてそっぽ向いたから。



頑張れなんて、ホントは軽々しく言っちゃいけなかったね。

真夜中に間違いメール装って君との距離を確かめる真似 

ホントは私の下手な小細工わかってたんだってね。
それでも返事をくれた事が嬉しかった。

社交辞令のように聞こえるように飲みに誘った。
社交辞令とわかるような答えが返ってきた。



それで満足できる関係になっていたのね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。