恋するタタタン 2008年05月

月別アーカイブ

 2008年05月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごめんねで攻撃されてごめんねで守備が出来ない者だけまた負け 

スポンサーサイト
続きを読む

君はいつ本気になるの 火にかけた湯が沸くまでに答えを出してね 

今週の映画
『東京マリーゴールド』

東京マリーゴールド東京マリーゴールド
(2001/11/25)
田中麗奈

監督は 市川隼監督です。


私、なぜかコメディだと思っていたので
最初は、あれ、なんかテンション間違えちゃったって感じでした。
コメディは『ドラッグストアガール』の方でした。


これは、ほんだしの発売30年記念で作られた映画で、
CMの田中麗奈ちゃんと樹木希林さんがそのままに映画へ誘ってくれます。
あのほんわかあったかい家庭のCMの裏にこんな悲しい恋があったのかぁなんて
いや、案外みんな切ない恋してんのかもな。

DVDの特典映像に、ほんだしの過去のCMも収録されていますが
いやぁ、田中麗奈ちゃんがホントにホントに綺麗にならはって・・・・(泣)
私、年齢は田中麗奈ちゃんの方が近いんですが
もう気持ちはお母さんです。
懐かしい映像を見ていると、美しく年頃の女性になっていく様子がもうほろっときてしまう。


肝心の本編ですが、私は好きです。
前に観た同じ監督の『トニー滝谷』も美しかったのですが
この映画はもう少ししっとりしている。
『トニー滝谷』は、つららの溶けかけた朝に光を浴びて七色に光っている様ににているけど
この映画は夜、そぉっと息を吐き出すと白く空に消えてくあの美しさ


特典映像では、ロケ地マップがついていて、
それは都内のあちこちで撮られている。
街中にあふれるカップルの一組一組にドラマはあるんだって事かな。
誰しも恋をすれば、物語の主人公。

入りたい穴は事前に掘りましょう 大きさ、深さも確認しましょう 

2005年11月分引越し完了しました。
とういうことで、恒例の大反省会やりたいと思います。
ちなみに記事タイトルの短歌はいやらしい意味は全くありません。。。
言うほど、それっぽい?


2005年11月全首へリンク


ホントはね、できるなら反省会やりたくない。
反省するトコ多すぎるから。っていうか反省点しかないから。

まずね。
文語で詠もうとして大失敗・・・・って歌がほとんど。
鏡越しでまもられけんや我と君へだてるものの何ぞ冷たき

心あてに見ばやと願う一人寝のわびしきかな霜月の夜

いつの日か帰り行かばやふるさとに 君が隣におはしまさまし

ちはやぶる神の下にて誓いてし絆を君の笑顔で信ずる

・・・・・・・恥ずかしい!!
下手すぎて、つーか中途半端すぎて恥ずかしい!!
頑張って枕詞とか使ってるけど、頑張って使ってるのがバレバレです。
さらっと詠めよ。



あと、気になるのは動詞が多い。
これは今でも出来るだけ(意図的な場合は除いて)注意してるんだけど
忘れてることも多いから今後も直したいとこ。

美しき時を切り取り飾られたページをめくれば僕に会えるよ
「切り取る」「飾る」「めくる」「会う」の動詞が四つ、
さらに正確に言えば「切る」「取る」「る」で助動詞含め六つ。ひどい。

俵さんの本だったか忘れたけど、
短歌の一首のうちに動詞は3つが限界と前書かれていたなぁ。
気をつけよう、ホント。
動詞が多いと、歌がぶれるんだと思う。
重点が分散されてしまうから。




さらに、直喩多し!!
何度でも巻き戻されるオルゴールのように何度も君に恋する

スズメバチのごとく鋭きまなざしは みそかの雄姿を捉えているか

借り物の時計が腕から抜け落ちていくかのような違和感残す

マフラーのように私をつつむ音 心地が良くて甘えたくなる

全部が悪いわけじゃないと思うけど、
やぱり三十一音という短い音数の中で言葉を選ぶんだから
もっと大事な言葉がないか熟考すべきだよね。

シンデレラなんかじゃないけど愛おしい猫かぶり姫のとなりで夕暮れ 

ちょこちょこ読書。
読書熱、平熱からちょっと上昇気味。
まだ軽いものばっかだけど
まぁ、よしよし。


今回は『佐藤さん』
佐藤さん佐藤さん
(2007/06)
片川 優子

この表紙のオレンジが爽やかでかわいい。
えぇ、表紙買いです。


幽霊に憑かれやすい佐藤さんと、幽霊が見えちゃう佐伯君
高校生の二人を中心とするハートフルな短編連作。
表題作であり、この連作第1作は
著書が主人公よりもなお幼い15歳、中学3年生の時に書かれた作品。

そう思って読めば、
デスノのリュークのようなもん背負って教室にいる佐藤さんも
それに怯える佐伯君もどことなく高校生っぽくない。
文章から受けるイメージは中学校なんだよなぁ。


がしかし、独りよがりな文章かと言えばそうでもない。
『リアル鬼ごっこ』の山田悠介なんかよりはるかに巧いし好感が持てる。
アマゾンレビューにある通り、注目株であることも間違いない。

ぶっちゃけ「若者のリアルを描く現役十代の作家」っていう肩書きがあったとして
それって期限短いし。
十代以降の方が生きていけばはるかに長くなる。

感情の希薄な十代のリアルを切り取るなんてパフォーマンスより
心情を丁寧に描いて多くの人を納得させられる方が
よっぽど難しいけど大事だと思うので
そういう作家さんになれるであろう著者に今後も期待。

今夜しか降れないわけでもなかろうに雨が邪魔してまたも会えない 

「会いたい」と言葉にするのが恐くて
なんとか他の言葉に置き換えようとしてみたり
気を紛らわそうとしてみたり
いろいろ努力はせしめども

やっぱり、あなたに会いたくて
顔がみたくて、声が聞きたくて、体温を確かめたい。

蒲公英のように優しく微笑んだあなたの春だけを支えにしている 

唐突に懐かしい気持ちに浸りたくなって聴いてみました。
あすなろ白書オリジナル・サウンドトラック/S.E.N.S.

言わずもがなフジ系ドラマ『あすなろ白書』のサントラです。
SENSの音楽、完璧すぎます。
フルアルバムと考えても十分なほどのハイクオリティ
SENSの代表曲とも言える
「2.レクイエム~行ってしまった朝」
「7.風のように~メインテーマ」
はベストアルバム『透明な音楽』にも収録されています。

ドラマ放送から何年経っても、
時々テレビ番組のちょっとしたバックミュージックなんかでよく聴くので
リアルタイムでドラマを見ていない方も聴いたことある曲があると思います。


ちなみSENSの曲で一番好きなのは、「Remembering Me」です。
数年前に放送された韓国ドラマ『美しき日々』でも使用されたアノ曲です。
無断使用だったらしくサントラにも収録されていないんですが
あのドラマでも切なく優しく素敵でした。



差し伸べた手のひら嘘の香りする 別れが近い事は隠せず 

今週のMOVIEタイム。
『Believer』

BelieverBeliever
(2004/12/22)
吉沢悠 伊藤歩



吉沢悠さんってカッコいいと思うけど、
あんまり主役のドラマなり映画が当たらないイメージ。
そしたら、今回の映画も微妙だった。

幼い頃スプーン曲げ少年として世間に注目されるも
たった1度の失敗で大嘘つき扱いされた超能力少年は
立派な「詐欺師」になって渋谷で生きている。。。。。。。



説得力なーーーーーーーーい。

いくら変装したって吉沢さんは吉沢さんなわけ。
そんでもっていろんな職業と名刺を使い分けて渋谷で数々の詐欺を働く
っていう設定なんだけど
ふつうに変装してないカッコで前のターゲットとかに会ってるし
渋谷って別にそんな広くないし
無理ありすぎ。
女子高生にまでよく見かけるなんて言われてる詐欺師いないだろ、普通。


現代の青春ムービーとして撮るなら
全編渋谷で撮るなんて自己満足な制約はなしにして
もっと脚本練った方がいい映画になったんじゃないかな・・・?

俳優さんたちもちょっと違和感が残る。
ドラマ育ちの吉沢さんと
映画育ちの伊藤さんでやっぱ温度差?見たいなものがある。


そうそう、あと、途中で出てくるニワトリ。
あのちゃちい造りに辟易。がんばれ、小道具。


総合、微妙な作品でした。
タイトルはちょっと面白かった。
「Believer」に「Lie」が含まれているっていう皮肉だね。

夢だけは大きくたって許された時代を夢で片付ける朝 

久しぶりに夢。


巨大な室内プールで妻夫木くんが溺れていた。
マッチョなライフセーバー二人に助けられていたよ。

そしてプールサイドの脇のタイルの隙間から1箇所
勢いよく赤い液体が吹きでていて
なぜかゼリー状に固まっている。
身体につくと気持ちが悪い。

火傷、神社、子供(女の子)、チケット、吸着盤、透明の壁





囚われの身の王子様(影武者)が断崖絶壁に作られた牢屋に閉じ込められている。
自分の立場の無意味さに、女性を道づれに身投げ
海に二人が落ちるまでがやたら長い(しかも俯瞰図)
抱き合って飛び降りた二人は途中、岩にぶつかって離れ離れになる。

樹木希林、赤いじゅうたん、絵画、青い炎、消火器、3人の影武者
髪留め(簪)、ゴミ拾い、自転車、月食、雪

置き去りの言葉の粒まで暴れだすきっと今夜はラピュタが来ている 

ちょこちょこ読書。
すごく久しぶりに
銀色夏生さんの詩集を読んだ。

月夜にひろった氷

これは新潮から出てる詩集だけど、
もっとも多く銀色さんの本を出しているのは角川で
詩集、ポストカードブック、つれづれ日記と
そらぁすごい数の本が発売されていて、
私はその中でも純粋に詩集ばかり集めていて、軽く15冊は越えていたと思う。

詩独特の言葉選びが好きだったし、
写真が好きだった。
国語学のレポートのテーマを
「銀色夏生の詩における色彩語彙」にしようかと思ったくらい好きだった。



だけど、久しぶりに詩を手にとってみたら
なんだか全く胸にぐっと来てくれなくて
こんなはずじゃなかったのにと思わず呟きたくなるほど
ショックだった。
そのうすっぺらさの原因がわからない。

別れた恋人と思いがけず再会し
再び身体重ねても不完全燃焼で満足が得られない。




そんな感じだ。
もっともっと記憶が薄れるまで次の再会はよした方が良さそうである。

モノになる憂いと悦び両方を携え女は明日を迎える 

松尾スズキフィーバーの一環で観てみました。
female by Jam Films
femalefemale
(2005/12/22)
長谷川京子 他



Jam Filmsシリーズのひとつで
主題の通り、人気女性作家の小説5本を5人の監督による映像化、短編映画集。
姫野カヲルコも唯川恵も高校生の頃けっこう読んだなぁ。
ちょっと懐かしい。

作品全体としては『Jam FilmsS』よりは断然良かった。
ただ「女がテーマ=ちょっとエロチック」という図式があるのか
それとも最初からそういう設定でと言われているのか
とにかくどの作品にも同じ傾向が見られたので
もっと全く違う女性像があっても良かったのではないかと思う。

思春期の女の子から女へ変わる世代とか
性同一性障害の女の人とか



ちなみに一番良かったのは塚本監督の「玉虫」の加瀬亮さん。
飄々としているのに
なぜか雰囲気があるんだよなぁ。

君はまた無差別放火を繰り返し涙の鎮火跡だけ広がる 

つらつら短歌

何十回ドラマの世界で繰り返し非難されてる 恋 我もしている

また一つ私の壁が剥がれ落つ 使ってあげられなくてごめんね

気まぐれの誘いに泣かない方法を留守番電話のトーンに学ぶ

一万回呼び出し音が続いたら寂しくなくなるかもしれないね 

ふいに昔使っていた携帯の着信音を
街中なんかで聞いたりしちゃうと
あたしの記憶はすぐにあの頃に引き戻されて困る。


携帯もめちゃくちゃになって
見かねた知人が代わりに買ってきてくれた
いつまでもいつまでも私の手になじまなかったあの携帯
大嫌いな季節の一番深い傷跡を疼かせたり


自分が恥ずかしくて汚くて
好きな人も突き飛ばして
私が一番逃げ出したくなる記憶の湖があふれたり


自分の不具合ばかりが目立つ感情の波
家でもマナーモードにしておくのは
不意に私を暗闇へ連れてくその音を遮断しておきたいから。




ただ、私を連れ出してくる人の着信にも気づけなくなって
それはそれで困る。

デリバリーされる夕食 恋人も親指一つで消えてくあたしん家 

ちょこちょこ読書。
久しぶりに江國香織さんの本を読破

赤い長靴赤い長靴
(2008/03/07)
江國 香織


江國さんって文芸春秋から本出たことあったかな?
初めて見たなと思わず手にとってしまったのだ。


結婚して10年、子供のいないある夫婦の日常を
双方の視点で描く。


和食の朝ごはん的小説。

毎朝食卓に並ぶけど、具は毎日変わっていく。
ディナーにはなれない、だけど飽きられもしない味噌汁。
結婚って、味噌汁みたいなものなのかも。


梯子酒の締めのお茶漬けとも似てるよね。
どこに遊びに行っても帰るお家があるのはやっぱり幸せなことなのだ。

ピーマンの肉詰めチンして食べて下さい。今日から私、帰りませんので。 

今回はコメディでふ。
『おいしい殺し方 -A Delicious Way to Kill-』
おいしい殺し方 A Delicious Way to Kill 通常版おいしい殺し方 A Delicious Way to Kill 通常版
(2006/08/26)
奥菜恵 犬山イヌコ 池谷のぶえ

監督はケラリーノ・サンドロヴィッチ 監督です。


ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督は知らない人の方が多いかな?
強烈な髪型と顔の大きさは一度観たら忘れられないよ。
時効警察』シリーズを、三木聡監督や園子温監督らと一緒に
監督兼脚本兼演出をされてる方です。


三木監督ほど、ゆる~い感じじゃないです。
もうちょっと大げさで大真面目に笑いを取ってゆく感じです。

私的ヒットは長谷川朝晴さんかなぁ。
今までこの人の顔、なんどか観てるはずだけど
あんまり印象に残ってなかった。
ユースケ・サンタマリアさんみたいなキャラが今回すごくハマっていて
真木ようこさんとのエレベーターのシーンが一番笑えた。

真木さんも美人なのにすごい激しい演技してたねぇ。
真剣なのに笑えるし。
あ、それは奥菜さんも一緒か。



ちょっと元気がないときに観ると、
スカっ・・・・・とはしないかもしれないけど
でもまぁ、クスっとはできるから調度いいかも。

不機嫌な三日月の夜携帯の電波がストを起こしてるらしい 

私。

気がつけばいつも、君。

本当の事はひとつも言えなくて……(三点リーダ)の会話に始終す 

笹公人の短歌プロジェクトBlog 笹短歌ドットコム
5ヶ月ぶりに総評です。

題目「湯・風呂・温泉」にて以下10首投稿していました。

今日だけは目玉のおやじになりきってだれた温度に甘えてしまおう

霜焼の足先浸す瞬間の痛みに似たるや君との逢瀬は

君ん家のせっけん、シャンプー何使ってる?同じの揃えて待っててあげるよ

ミルキーウェイが溶け落つ露天湯 カフェオレに例えて誘うあなたが好きよ

ドリカムの「すき」を聴きし夜バスタブに溶けゆく涙は肯定される

太ももに大きく残れる日本地図湯治と称して沈没させる

排水溝にこびりついてる長き髪ショートショートな恋ねとポイ捨て

私だけのぼせていたのねこの恋も冷めれば洗濯できるのかしら

トリートメントの減りのスピード遅くなりこんなとこにも別れの予感が

生放送温泉リポートする女(ひと)のポロリよりもあたしを見ててよ



なんていうか、無理矢理作ったのも含まれているので
自分の歌じゃないみたいっていうか、イマイチだなぁと思いつつの投稿。

この10首のうち、
排水溝にこびりついてる長き髪ショートショートな恋ねとポイ捨て
だけ総評に選んでいただけました。

男の髪なのか、あるいは旦那の浮気相手の髪なのか、
どちらにも解釈できるところがよかったです。


とのお言葉。
私は男の髪の可能性は全く考えていなかったので
目から鱗なご意見でした。

排水溝にたまった髪の毛って、
ホントにホラー映画なみてくれで、さらににおいはヘドロのようで
自分や家族のだからまだ掃除できるけど
他人のだったらキツイなぁと思った事から出来た短歌。

大丈夫 あなたはきっと 大丈夫  明日がもうすぐ迎えに来るから 

久しぶりにカラオケで聞いたら、
やっぱり好きだった。

私、この曲にどれだけ励まされたかわからない。

Baby Don't CryBaby Don't Cry
(2007/01/24)
安室奈美恵

歌詞はこちらでチェックしてみてね。→こちら






自分ひとりで頑張れなくなっているときに
この曲があってよかった。








2009年10月23日追記
当時は貼れなかったyoutubeの画像・・・・・一応貼っておきます。
このPV大好きなのだがすぐ消されるorz


テリトリー侵食されて裏返る僕らはオセロの中で生きてる 

今回観た映画はこちら『変身

変身変身
(2006/05/26)
玉木宏   蒼井優


いやぁ、びっくりするくらいダメだったー


まずさぁ。
キャストが甘いよ。。。。。
主演の二人は良しとしても、周りに魅力なさ過ぎ。
ていうか、役者さんたちのテンションが上がってなかったんじゃないかと。
本気で演技してる・・?

それからスタイリストが良くない。
玉木くんも全然カッコよくなければ、蒼井優ちゃんもかわいくない。
もっと似合う服探して着せてあげようよー
萌黄色(だったと思う)のワンピは仕方ないかも知れないけど
蒼井優ちゃんの服がおそろしくダサイので
派手さはないけど、明るくかわいい彼女って設定に説得力がない。



そんでもって、何が一番許せないかというと結局は
犯罪を起こした本人が正当化されて
犯罪を起こすきっかけを与えた周りが悪いと訴えていると
捉えることも出来る表現方法です。

「この次の約束どうする?」「わからない」 本音の本音は私もそうかも 

長続きしないかもしれない。

素面じゃキスもしてくれない。

あなたは朝には必ず帰っていく。




それから、私たち。

過去の話しかしてないって気がついている?

別々の決断をした私たちが

この先ずっとうまくいくはずなんてない

雨粒が二人の肩を濡らしてく左右片側ずつだけそぉっと 

怖いの、まだ、あなたが。
ひりひり痛い。
身体が冷えてく。


だけど

あなたの肌に触れていると嬉しい。

あなたの、飼い猫になりたい、私。

この恋は斜め43度で限界 向き合ってなどくれなくていい 

今回もマイナーな映画です。
あまりにマイナーなんでネタばれしてもいいかな、いいよね。


東京ゴミ女』観ました。
何の夢もないフリーターののみゆきは、同じマンションに住むミュージシャンのヨシノリに片想い中。
彼が捨てたゴミをこっそり持ち帰ってはそれらを収集し、妄想を膨らませていた・・・・・


はっきり言ってヤバイよね。
イタイ女だよね。
でも・・・・・・・・・

そんなの本人が一番わかってるつーの。
だから、同じバイトの友人にも言わないし、イタイ女であることは隠してる。
むしろ、ストーカー気味の言い寄ってくる男に冷ややかな視線を返す。
同属嫌悪だろうけど
でも、巧く普通の女の子してるなーって。

だってホントはみんなヤバイでしょ。
人に言ってはないけど結構みんなヤバイでしょ。


だから、
ホントはそんなヤバイ部分がヨシノリに知られてたってわかったときの
みゆきの反応・・・・・・・すっごくわかる。
「俺、けっこうヤバイ女も好きだよ」ってそんなフォロー求めてねぇよ。


好きな人に、自分のそんな、誰にも見せたくないとこ知られてたら
逃げるよ、そりゃ。
そんで大泣きするよね。
見ないで欲しいもん。
誰にも知られたくないもん。
なのに、よりにもよって好きな人に知られてるんだもん。
そんでもって、自分がヤバイの自覚してるから
そんな自分が良いっていう人の事が信じられないんだよ。



・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・ハウァ(゚Д゚;)!!!!

これ、私の映画かも。

サイゴンで収穫された夕焼けを染料としてマンゴーは色づく 

うぉーーーーーー

めちゃ頑張って記事書いてたのに。
めたくそリンクとかはっつけてたのに。
なんで、BACK SPACEキーを押してしまったんだ・・・・・orz




てことで、『マンゴーの涙』ってマンガいいよ。
も、リンクもはんないよ。

私、今日はもう拗ねましたから!!!!!

風に遊ぶポニーテールの決断を皐月の空が喜んでいる 

今日はちょっと古い映画をば・・・・

もう頬づえはつかないもう頬づえはつかない

主演  桃井かおり

ちょっと画像が粗い。
桃井さんほど
アンニュイな雰囲気を漂わす女優さん
なかなかいませんねぇ。


公開は79年です。
もう30年近く前の映画なんだね。
時代背景とか服装とかはそりゃ古いけど、
人間関係に関しては全く古い話題じゃない。

主人公の女子大生は、30を過ぎた自称ライターの
学生運動上がりの男に惚れていて
薬剤師を夢見て入った薬科大も辞め大学を変えて恋にのめりこむ女。
ふらと出て行った男を忘れることも出来ずに
同じ大学の男とも付き合い始める。

二人の「男」の間で、「女」は決断する。。。。。



この間の「ある朝スウプは」もそうだったけど、
男女間の言い争いの場面が自然でいい。
流し台で洗い物をする横で歯を磨き、口を濯ぐ男に対する嫌悪感
それを笑って冗談に出来る女もいるだろうけど
こういうすれ違いは後から考えると決定的な理由になったりもする。
嫌悪と後悔。諦め。桃井さんの台詞の言い方グッド。


また
後半、喫茶店で大事な話を切り出したあと無言で彼女は
お冷の入ったグラスを倒して立ち去る。
これも女の嫌味だなぁと思った。
喫茶店での痴話喧嘩と言えばグラスの水をぶっ掛けるってのがベタだけど
こぼれた水が床に広がっていくのは
相手に恥をかかせたいからじゃなくて
困らせたいって気持ちだと思うのね。
地味に、キツイ嫌味。


このまま明日が昨日に変わっても私はこうして戦っているでしょう 

後悔はしたくない。



フラッシュバックに悩まされている。

忘れたい男の冷たい身体が

今も、大嫌い。

絨毯にこぼれたミルクを戻せない無力な私は要らないですか。 

今回観た映画は自主制作の『ある朝スウプは』。
ぴあフィルムフェスティバル」(略してPFF)2004年のグランプリ作品です。

前にルート33の増田さんの『或る、青い夜』が入賞した
インディーズムービー・フェスティバルを紹介したことがありましたが、
そちらよりも規模の大きい映画祭(のはず。Wikiの内容が違間違っている気がする)
現在では有名な映画監督を数多く輩出し続けています。


で、『ある朝スウプは』ですが。
監督・脚本:高橋泉、主演:廣末哲万の映像ユニット・群青いろによる作品
ちなみに、PFF2004の準グランプリは
監督・主演:廣末哲万、脚本:高橋泉の『さよなら さようなら』です。
クオリティ高いです。
注目度大です、今後もっとお二人の名前を目にする機会は増えるはず。

2004年のPFFグランプリ・準グランプリともに
高橋泉さんの脚本ということになるわけですが
なるほど映画を観ると、とても脚本がいい。
台詞が、生きている。

簡単に内容を説明すると、
通勤電車の中でパニック障害を起こしてしまった男は
通常の生活がままならなくなり、やがて新興宗教にはまっていく。
同棲中の彼女との生活も溝がだんだんと深まっていく・・・・
というもの。

とにかく、同棲中の彼女の台詞がすごくぐっと来る。
それは、私が女だからかもしれないけれど。
例えば、喧嘩している最中に話が次々飛んじゃうところや
「もっと具体的に言ってよ」と相手に迫っている途中で
「じゃぁ、具体的に反論してみせろよ」と言われると
何もいえないもどかしさが見事です。
女優さんもすごく巧いです。

もちろん、主演の廣末哲万さんも巧いよ。
新興宗教にどっぷりはまって、彼女に説こうとする時の目は
あの大事件起こした団体の幹部の目にそっくりだもの。
すごすぎ。


自主映画だったことが心底残念だなぁと思う。
もしこれが商業映画で、
ちゃんとカメラマンがいて、ちゃんと制作費があって、ちゃんとセットで撮れてたら・・・・・
物語のほとんどが同棲中のアパートで、
狭いからカメラがほとんど動けないのね。
定点観測みたいになってるから、絵としてはつまんなく感じるとこがある。


最後に、監督の高橋泉さんのインタビューみつけたのでリンクこちらから
映画の作り手がどんな風に映画を作っているのかがわかって
結構おもしろいインタビューです。

左手の小指の爪が割れちゃった そんなことしか今日はなかった 

そういえば最近、泣いてないなぁ。


テレビのない生活をしている私は
とにかく情報が遅いのですが
この間、母がお昼に電話をかけてくるから何事かと思ったら
「ねぇねぇ、上野動物園のパンダ死んじゃったよ」という内容だった。


自分は特別幸せな人間だって普段は思えないけど
やっぱり私は平和に生きているんだな。

つつじ咲く丘に優しく降りかかる五月の涙で祭りが終わる 

たまにお邪魔させていただいている
猫アリーナ』さんのところにて「根津神社 つつじ祭り」をご紹介されていたので
急遽行ってみました。

こちらでご紹介されているスポットやお店はかなりの私好み♪
毎回、新着記事を楽しみにしてます。
あと、にゃんこちゃんのWEBカメラが堪りません!!!かわいすぎです!!!!



肝心のお祭りは5月6日まで。
もうお祭りも終わりに近かったので
『猫アリーナ』さんで写真を載せてらっしゃるような満開のつつじは
残念ながら見ることができませんでした。

ただし、早咲きと遅咲きとどちらの品種も植えられているようで
長い間楽しめるようになっているそうです。

私の地元ではけっこう桜が終わっても次はつつじだねと
楽しみにしているものなのです。
東京ではそうでもないのかなぁと思っていましたが
単にわたしが楽しめるスポットを知らないだけでした。

来年は、もっと早く行こうと友人と誓いました。

ところで、
桜があれ程までに万人に好かれるのに対して
つつじの人気がイマイチなのは
桜が季節終わればあっという間に散っていくが
つつじは朽ちて落ちていくせいだと思う。
鮮やかな赤のつつじなどは本当に美しいのに。
なぜ、東京の沿道のつつじは紫一色なのかな。


ちなみに、根津神社の近くには
・竹久夢二美術館・弥生美術館
・夏目漱石や川端康成の旧居跡
・森鴎外記念図書館
・喫茶店 乱歩゜
などがあり、文学や歴史好きには堪らない地域です。

谷中霊園も近かったので
最後の将軍・徳川慶喜のお墓も見てきました。
上野の国立博物館近くには、
今話題の篤姫のお墓などもあります。非公開ですが・・・

おはようも今日が最後になるならばもっと何度も言えば良かった 

つらつら短歌

次の角右に曲がれば私んち A型狼どこまで来るかな♪

秋口に退社を決めた受付の女の子には理由が訊けない

なめくじに塩をきゅうと振りかけてあの子もこれほど泣くかと考う

気まぐれの引っかき傷が膿んでいる君が恐いと膿んでいる 

妻夫木くんフィーバーの次は、
松尾スズキフィーバーでござる。

イン・ザ・プールイン・ザ・プール
(2006/07/19)
松尾スズキ



松尾さんのアップのパッケージ。





三木聡監督の初長編映画です。
以外に脱力してません。
脱力してたの、きたろうさんくらいです。

全体的に、大笑いできる!という感じではないけれど
ところどころくすっと来る。
まさに深夜にまたーり観るのがいいね。
映画館で1800円払ってまで観る映画じゃないな。
レンタルDVDで十分でございました。


ところでこの間観た『ストロベリーショートケイクス』の秋代役の中村優子さんが
ちょい役で出演していました。
声が特徴的で色っぽい。



熟れ落ちた桃は優しく歯をつかみ甘くあなたの指先濡らす 

私達は日々記憶を改ざんしている。


だから、私は書くのだ。

あなたがどんなにひどい男で

冷たい男で

残酷な男かということを。


だけどあなたは最初から私の中で男だったということを。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。