恋するタタタン 2010年03月

月別アーカイブ

 2010年03月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日以外会える日なんていつだってあっただろうに終わりなんだね 

ごめんね、
ネコと遊びたいからとか
家族で食事の予定だからとか
仕事が終わらないとか
嘘ついて誘いを断り続けていたのは、

君に大事な人が出来るのを待っていたんです。
自惚れですね。
スポンサーサイト

卯の花が優しく雨を抱き寄せて愛に身体を馴染ませて行く 

今日も元気に映画鑑賞!
久しぶりに岩井俊二監督の作品。『四月物語』です。
この季節にふさわしい映画だよ。

四月物語 [DVD]四月物語
(1999/03/17)
松たか子

四月、桜が満開の季節。東京・武蔵野にある大学に通う為、北海道から上京してきた卯月は、慣れない土地で独り暮らしを始める。おとなしい性格の彼女は、変わった性格の友人・さよ子やアパートの隣人の照子など、個性の強い人々との触れ合いの中で、次第に心を開いていく。だが、そんな卯月もさよ子に大学の志望動機を聞かれた時だけは、思わず言いよどんでしまうのだった。実は、卯月には人に言えない不純な動機があったのだ。(後略)
goo映画 四月物語 あらすじ より>

『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』で
今年日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した
松たか子さんの映画初主演作品がこの『四月物語』。

全編70分の中篇映画ですが、優しい音楽と柔らかいライティングによる撮影と
随所に岩井監督らしい岩井美学がちりばめられていて
そして松さん演じる少女を卒業しようとしている卯月もかわいくて
ファンはもちろんそうでない人にも
「これが岩井映画だ!」という感じで楽しめると思います。

ちなみにこれ1998年公開映画。岩井監督作品で言えば
中山美穂さん主演の映画『Love Letter』が'95年。
CHARAや伊藤歩さんがブレイクいた『スワロウテイル』が'96年。
確実にファンを増やしてた時期の作品です。
ちなみにこの間にもちょこちょこ別の映画も製作してらっしゃるんですが
とりあえずみんなが知ってそうな映画だけピックアップしました。
そんな中でこの『四月物語』はちょっとマイナーというか
知られざる名作という感じ。

思うに、岩井監督は相当ロリコンじゃないかと思ってしまう。
なんといっても少女(大人の女性より少女)を撮るのが本当にうまい。

絡まった糸が体に食込んで切られるための肉体晒す 

ちょこちょこ読書。
今日はファンタジックミステリー。

カクレカラクリ An Automaton in Long Sleepカクレカラクリ
An Automaton in Long Sleep

(2009/08/21)
森博嗣

郡司朋成と栗城洋輔は、同じ大学に通う真知花梨とともに鈴鳴村を訪れた。彼らを待ち受けていたのは奇妙な伝説だった。天才絡繰り師・磯貝機九朗は、明治維新から間もない頃、120年後に作動するという絡繰りを密かに作り、村のどこかに隠した。言い伝えが本当ならば、120年めに当たる今年、それが動きだすという。二人は花梨たちの協力を得て、絡繰りを探し始めるのだが…。廃墟マニアの大学生とメカ好きのヒロインたちが挑む、カクレカラクリの謎。かつて天才絡繰り師が仕掛けたというその絡繰りは、いったい何のために作られ、そして、どこにあるのか。全編にわたって張りめぐらされた伏線、論理的な展開。謎解きに加えて、個性的な登場人物たちのユニークなやりとりも楽しい爽やかな青春ミステリィ。
<Amazon 内容(「BOOK」データベースより)>

本屋で割りと見かけるこの作者の名前。
一度読んでおくかと思い立って買ってみた。
解説&帯文はこれが2006年にドラマ化された時(全然知らなかった)
ヒロインを演じた(らしい)栗山千明ちゃんが書いてます。
うぅぅーん、どういう風に実写化したか観てないのでわからないけど
とりあえず読んでみた私の中のヒロインのイメージとは
ちょっと違うかなぁぁぁぁぁ?

というかだね、この実写化ドラマみたいと思うの????
天才絡繰り師がしかけたという伝説の絡繰りが120年ぶりに動き出すところが
やっぱりこの物語の一番の山場ですがね
これどうせ実写化しても、
原作で書かれているような壮大な仕掛けなど作るのは無理だし
例え映すのがその壮大な仕掛けの一部分だったとしても、
クオリティ的にどうなの?とちゃんと天才が作ったぽく見えるのかと
不安要素がいっぱいあるんですよね。
どうせ実現不可能なら想像力で楽しめる分、
この作品は小説のままで良かったんじゃないかと思う。


ちなみにこの作家さんの他の作品の購買層はいくつくらいなのだろう。

卒アルの最終ページ余白だけが青き時代の傷口を知る 

「本を買う時どうやって本を選ぶんですか?」
千葉県にお住まいの27歳、R子ちゃんからのご質問です。

えー本は基本表紙買いです。
書評などを読んで評判がいいから読んでみるということはほとんどありません。
6割くらいの本は表紙買いで、3割が作者買いです。

例えば好きな作家の新作が出ている、ようやく文庫化した、
などと言う時に買うのが作者買いの主なパターンです。
それから自分の気分に合わせて作者を選ぶパターンもあります。
ミステリーを読みたい時だったら誰々。恋愛小説だったら誰々みたいな。
これが3割。

残りの1割は出版社買いです。
純文学系だったら新潮社、ミステリーだったら講談社・東京創元社
恋愛系とかかるいものだったら集英社・角川書店
若手作家さんだったら河出書房
変り種だったら幻冬舎みたいなね。


あと、書店での選び方ですが
店主一人でやってそうなお店では、
大型書店にはないこだわりの揃え方をしている本を選ぶ。
あたりがあることも多いです。
駅ビルの中などの中型書店では、
主に平台を見て回り手書きPOPとかあればチェックして選ぶ。
大型書店では、
とにかく今売れている本をチェックしておく
そして小型書店では抱えきれない在庫数がやっぱり魅力なので
欲しい最新作などはいち早くGETする。

自分がよく使う駅では複数の本屋の場所を把握して
気分に合わせてどんな品揃えの本屋に行くか選ぶのも
通の読書好きだと思いますです。

唸り声上げて愛とく泡だて器の痺れにつられる二人の夜 

ちょこちょこ読書。
今回は久しぶりに江國作品。

薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木
(2003/06/20)
江國 香織

情熱。ため息。絶望…でも、やっぱりまた誰かを好きになってしまう!恋愛は世界を循環するエネルギー。日常というフィールドを舞台に、かろやかに、大胆に、きょうも恋をする女たち。主婦。フラワーショップのオーナー、モデル、OL、編集者…etc.9人の女性たちの恋と、愛と、情事とを、ソフィスティケイトされたタッチで描く「恋愛運動小説」。
<Amazon 内容(「BOOK」データベースより)>

女って怖いですか?
怖いかもしれませんね。
なぜにこうも恋ばかりしているのでしょう。


新潮・角川・集英社の夏の文庫フェアは毎年チェックするんですが
この本、毎年集英社の「ナツイチ」フェアに選ばれているので、
私はてっきり名作なんだと思っていたけれど案外退屈な物語で残念な感じです。
どこも力入れてる夏フェアにハズレは入れないで欲しいな。
この本買ってから2年くらい本棚で寝かせてしまっていたのですが
私は知らず知らず避けていたようです。

なんて言うか、読んでて私江國さんにこういう物語期待してないんだと途中で気がついてしまったのです。
こういうのは唯川恵さんで済ませちゃうんで・・・みたいな。
あれこれ失礼?両方に?
でも、そんな感じです。
毎年ナツイチフェアの文庫特集に選ばれるその評価点が
私にはわかりませんでした。
なんと言うか、地図の上で暮らしているような
リアリティのない生活が書かれているようでした。

朝焼けが川面を赤く染め上げて私一人のヴァージンロード 

今日も元気に映画鑑賞!
今夜はちょっと古い映画だぞーー
広末涼子さん主演の『秘密』だぁwwww


秘密秘密
(2000/09/21)
広末涼子 小林薫

原作は東野圭吾のベストセラー・ファンタジー小説。バスの交通事故により母親(岸本加世子)が死に、娘(広末涼子)は生き残った。しかし、生き残った娘の心は、死んだはずの母親のものだった。それは残された父親(小林薫)と娘の秘密となったが、夫婦なのか親子なのか、奇妙な生活は…。(堤 昌司)
<Amazon.co.jp 商品の説明 より>

これはまだ私が地元に住んでいた頃に
友達ととなりの街まで電車でガタコト揺れること1時間かかけて行く映画館で観た映画。
なんでこれ観ることになったか経緯は覚えていないけれど、懐かしすぎる。
もう、11年も前の映画なんだって、これ。

広末さんは、うら若き女子高生の体に中年主婦の魂が宿るという
ちょっと難しい2役をうまく体現していて
なかなかに見所があるいい映画です。

この映画、現在ちょっと注目を浴びているのを皆様ご存知だろうか。
監督は滝田洋二郎監督、TBS出資、広末涼子出演。
そう昨年日本映画の快挙を成し遂げた『おくりびと』。
その監督が11年前に撮っていた過去の名作として注目されているのだ。

広末さんは当時歌とかも歌っていた早稲田に入るちょっと前
(調べたところ公開は入学後の9月だったようです)
世間で奇行が騒がれるようになる前の作品です。
同じく名作と言われている『鉄道員(ぽっぽや)』と同年の作品。

奇行やできちゃった結婚ですごく騒がれていたイメージがあるけど
彼女はこんなに前にすでにアイドルから脱皮していたのです。
このころはまだつまんない連続ドラマとかも受けてたけど
私は断然映画の方が向いていると思う女優さんです。

今夜見た夢は電波の波に乗り貴方に愛をささやきに行く 

あなたの携帯電話バトン

Q1 あなたの携帯電話の色を教えてください!
A1 剥げかかった白です。
Q2 あなたの着信メロディを教えてください!
A2 電話はメヌエット長調BWV Anh.114(オルゴールバージョン)、メールはガボット無伴奏バイオリン・ソナタとパルティータ第3番
Q3 どんなストラップを付けていますか?
A3 昔はドーモ君ストラップ(3個)
Q4 通話・メール以外で付いていないと嫌な機能はありますか?
A4 やっぱ時たま必要になるカメラ、ネット、スケジュール(目覚まし代わり)、赤外線、メモ帳
Q5 携帯電話をなくしちゃったことはありますか?見つかりましたか?
A5 人からもらった携帯なくしました。見つかりませんでした。また買ってもらいました。
Q6 こんな機能が付いたら良いのに!と思うことはありますか?
A6 スキャン機能
Q7 携帯電話を持つことで起こったいいことは?
A7 もう人生の半分は持ってるようなもんだから、よくわからない。
Q8 逆に持って起こってしまったわるいことは?
A8 知りたくないことも時には知ってしまう
Q9 今注目している携帯電話ってある?
A9 別にない。なぜならMOVAまだ使ってるから。
Q10 一日にどれくらいメールする?
A10 1~10通くらい。
Q11 今持っている携帯電話、どれくらい使ってる?
A11 今、丸5年になろうとしている。これを買ってくれたのは福岡のお父さん。
Q12 まだ白黒液晶の携帯電話使ってる…?
A12 一応カラーです。
Q13 ブログの更新はモブログでしてる?
A13 してません。

海の色は静かに嘘と同化して愛と呼ばれる嘘をまた産む 

今日も元気に映画鑑賞!
これまた珍しく香港映画だぜい。

インファナル・アフェアインファナル・アフェア
(2004/02/18)
アンディ・ラウ 
トニー・レオン

マフィアの組員の18歳のラウは、ボスのサムの指示で香港警察に入る。一方、ラウと同じ警察学校に通っていたヤンは組織犯罪課のウォン警視に見込まれてマフィア世界へ潜入。10年後、ラウは警察内で出世し、ヤンもサムに気に入られて麻薬取引をまかされるまでになっていた。そんな中、マフィアも警察も内部情報者がいると知り、双方とも裏切り者を探す指示をラウとヤンに下すのだった……。
極限に追い詰められていく男たちの心理と、潜入の末の心の変化が生み出すドラマがヘタな説明台詞なしに描き込まれていて、胸を熱くするとともになんともやるせない気持ちにさせてくれる。また麻薬取引日のラウとヤンによる情報合戦は実にスリリング。展開も予想がつかないし、最後まで釘づけにさせられること間違いなし。実に見事なフィルムノワールだ。(横森 文)
<Amazon.co.jp 商品の説明 より>

この映画ずっと気になってたのよ。
なぜならこの作品のハリウッドリメイク版を先に見てしまってたから。

ディパーテッド [DVD]ディパーテッド
(2010/04/21)
レオナルド・ディカプリオ
マット・デイモン

こっちもカッコ良かったんだよ。
レオナルド・ディカプリオとマット・デイモンのスター対決で
普段DVDは借りる派の私が思わずタワレコで即買いしてしまったのである。
そしてこれがあたりだったんだよね。

どっちも観て思ったんだけど
この「インファナル・アフェア」もリメイク版もどっちもそれぞれ面白い。
大筋は一緒だから今回の映画の方を後に観てしまったので
もしかして楽しめないかもという危惧はあったけど
いやいや、やっぱ香港映画らしい撮り方とか雰囲気とかあったし
リメイク版はリメイク版で本家と演出変えてるトコとかあって
お互いの素性がバレそうになる緊迫のシーンは「ディパーテッド」の方が良い。
香港・ハリウッドと双方良い特徴が出ている感じです。

個人的に、トニー・レオンもアンディ・ラウはッカコ良すぎだと思う。
が、その少年時代役を演じていたショーン・ユーとエディソン・チャンも素敵。
イイ男目白押し。
これは観るべき香港映画です。

我侭な狼集う隠れ家で極上生ハムと化してく私 

今日は西麻布飲み。

PublicHouse WORM 西麻布
(リンク先はHPなかったのでぐるなびです)

PublicHouse WORM 西麻布
ちょっと渋谷でご飯食べた後、麻布で飲もうという事になって
知人の知り合いのお店に行ってみました。

お店は大通りからちょっと入ったところにあって
そこにお店があると知っている人でなければ
とうてい足を踏み入れなさそうなばしょにある隠れ家的お店。

すでに渋谷のお店で飲んできてたので
私も知人もそれぞれカクテル頼んじゃいましたが
ぐるなびで知ったけどここビアバーだったみたい。

ちゅうと半端な時間だったからなのか、
この日は私達以外お客さんがいなくて
店員さん(もしかしたらマスターかもしれない)も一緒に飲んでました。
が、すごくきっちりされてる方で
いくら椅子を勧めても、床に膝付で飲んでるんですよ。
知人が酔っ払っていつまでも話しかけ続け、さらには2杯目まで勧めちゃうもんだから、
店員さんいらいらしないか心配になってしまった。
灰皿交換とかもすぐしてくれちゃうし、本当申し訳なかったよ。
あーこんなことなら渋谷であんなに飲ますんじゃなかった・・・・・


ちなみに頼みたかったけど頼めなかった生ハム。
また行く機会あれば食べてみたい。イベリコ豚よりマイルドらしい。

ぬばたまの夜のあやしく来にければ揺れし柳のたもとに蛍 

ちょこちょこ読書。
今日はミステリー(軽め)です。

晩夏に捧ぐ晩夏に捧ぐ
―成風堂書店事件メモ(出張編)

(2009/11/10)
大崎 梢

駅ビルの書店で働く杏子のもとに、長野に住む元同僚・美保から手紙が届いた。彼女の勤める地元の老舗書店に幽霊が出るようになり、おかげで店が存亡の危機にあると知らされた杏子は、アルバイトの多絵と共に信州へ赴いた。だが幽霊騒ぎだけでなく、二十七年前に老大作家が弟子に殺された事件をめぐる謎までもが二人を待っていて…。人気の本格書店ミステリ、シリーズ初長編。
<Amazon 内容(「BOOK」データベースより)>

前に読んだ事のある『配達あかずきん―成風堂書店事件メモ』(レビューは→こちら←)
成風堂書店事件メモシリーズの初長編です。

前作『配達あかずきん』は本屋の中で起こる小さな謎を解決する
町の名探偵という感じだったのが、今回は出張編ということで
いつもの本屋を飛び出して、がちんこ名探偵の活躍を期待されるという
なんだか一昔前のTBS愛の劇場で夏休み辺りに放送してそうな感じ。
あれ、この例え通じるのかな・・・・・

まいいや。
とにかくこういう日常の謎みたいなシリーズって
短編には向いているけれど長編だとやっぱり物足りない。
小学生の謎解きみたいな感じで
ドラマ化して昼帯あたりで見たらおもしろいかなぁとは思うけど。
間違っても映画化などはしてはいけない。

でも読みやすいから
ホント小中高生くらいにはいいんじゃないかなと思う。

首都圏の地下鉄マスターするよりも安心出来る恋は難しい 

新刊情報です(4ヶ月遅れの)


娚の一生 3娚の一生  (3)
(2010/03/10)
西 炯子


先日マンガ大賞5位入賞した、『娚の一生』です。
3巻で完結です。
これは35歳の独身エリートウーマンと50代の大学教授の
ささやかででも静かに熱い恋の話です。好き。


ストロボ・エッジ 8ストロボ・エッジ 8
(2010/03/12)
咲坂 伊緒


1巻紹介の記事は→こちら
5巻紹介の記事は→こちら
6巻紹介の記事は→こちら
7巻紹介の記事は→こちら
もう、甘酸っぱさ満点。
ちなみにこれ書いている7月10日現在、9巻の発売が来月に迫っているorz

海月姫(4)海月姫  (4)
(2010/03/12)
東村 アキコ


1巻紹介の記事は→こちら
2巻紹介の記事は→こちら
3巻紹介の記事は→こちら
3巻ちょいと中だるみしてたけど、ちょっと勢いとりもどした感じ。
まだまだ次巻も買ってしまうであろうと思われます。
ちなみにこれ書いている7月10日現在、4巻の発売が来月に迫っているorz

靴擦れがひどくなってくデートの終わりそっとパンプス助手席に置く 

少しずつ少しずつ別れの準備が始まる。


貯まらなくなった灰皿
恋愛映画だけを借りて帰る日
エビスではなく白ワインの冷える冷蔵庫


少しずつ少しずつ、春を待つように、別れよう。

どうしても言えない秘密は空飛んでキラキラまぶして降らせてみたい 

今日も元気に映画鑑賞!
今日はコメディ『ハッピーフライト』です。

ハッピーフライト スタンダードクラス・エディションハッピーフライト
(2009/05/22)
田辺誠一 綾瀬はるか

機長昇格への最終訓練である、乗客を乗せた実機での操縦に臨む副操縦士。その試験教官として同乗する威圧感バリバリの機長。初の国際線フライトに戦々恐々の新人CA。CA泣かせの鬼チーフパーサー。乗客のクレーム対応に追われる日々に限界を感じるグランドスタッフ。離陸時刻が迫り必死にメンテナンス中の若手整備士。窓際族のベテランオペレーション・ディレクター。ディスパッチャー、管制官、バードパトロール…。1回のフライトに携わるまさに多種多様なスタッフ達。そんな彼ら使命はただ一つ!飛行機を安全に離着陸させること。その日のフライトも、定刻に離陸、そのままホノルルまで安全運航!!のはず…だったが…。
goo映画 ハッピーフライト 作品解説・紹介より>

『ウォーターボーイズ』、『スウィングガールズ』でヒットを飛ばしてきた矢口史靖監督作品。

正直前2作の方が好きだったなぁ。
これまでは『ウォーターボーイズ』だったら妻夫木君、
『スウィングガールズ』だったら上野樹里ちゃんという中心人物がいて
周りの人たちが巻き込まれるような感じでひとつの目標達成に向かうっていう
青春コメディーとしてのおもしろみがあったと思うのですが
今回ははっきり主役が決まってない
(マジで主演が田辺誠一さんなのか綾瀬はるかちゃんなのかわからない)
三谷幸喜風群像劇コメディーになっています。

・・・・・
じゃー三谷さんが撮ればいいじゃんっていう話ですよ。
こんかいの映画ほとんど『THE有頂天ホテル』のノリと一緒だよ。
三谷幸喜映画も矢口史靖映画も好きだったからさぁ
おもしろいからって同じことやってちゃダメだと思うの。

矢口監督の映画がヒットしてからね、
いろんな部活動に焦点当てた青春ストーリーものが多く作られたから
いつまでも高校生の部活もので撮り続けられないというのもわかるけど
もうちっと矢口監督らしさが欲しい!!!

あ、おもしろくないわけじゃないです。
群像劇コメディーとしては十分おもしろいです。
同時期公開の『フライング☆ラビッツ』よりはずっとおもしろい。
やっぱり興行収入で差が出たのはよくわかります。
制服もやっぱりJALよりANAの方がかわいくて好き。
ドラマ『Good Luck』の頃の方がもっとすきだったけど。。。。。

スペシャルな夜とお酒と微笑みを我が家の机に並べて君待つ 

マンガ大賞2010年大賞発表です。
去年まではノミネートの段階で記事にしてたけど
今年はすっかり忘れてたので、もう大賞決まってからにしよってことで
書きかけてちょい放置してました。


マンガ大賞2010公式HP

マンガ大賞2010は以下のとおり『テルマエ・ロマエ』に決定!

大賞:『テルマエ・ロマエ』ヤマザキマリ
2位:『宇宙兄弟』小山宙哉
3位:『バクマン。』大場つぐみ・小畑健
4位:『アイアムアヒーロー』花沢健吾
5位:『娚の一生』西炯子
6位:『虫と歌 市川春子作品集』市川春子
7位:『海月姫』東村アキコ
8位:『モテキ』久保ミツロウ
9位:『高校球児 ザワさん』三島衛里子
10位:『アオイホノオ』島本和彦


今年の私のおすすめは、まずは3年連続マンガ大賞ノミネートの
東村アキコさん!!!
今まで新刊情報でお届けしていた『海月姫』がランクインです。
海月姫(1)海月姫(1)
(2009/03/13)
東村 アキコ


1巻紹介の記事は→こちら
2巻紹介の記事は→こちら
3巻紹介の記事は→こちら



そんでもって、もう1作品。
西炯子さんの『娚の一生』です。
娚の一生 1娚の一生 1
(2009/03/10)
西 炯子


大人でも恋していいんだといわれて安心する。




マンガ大賞2010ノミネート作品相対的に見て
購買層というか読者層が高めな気がします。
ちなみに。。。
マンガ大賞2009 ノミネート作品の発表
マンガ大賞2008 ノミネート作品の発表

考えても曲がる方向同じなら一杯飲んでからでもいいじゃない 

今日は恵比寿飲み。


ZEST CANTINA 恵比寿
ZEST CANTINA 恵比寿

恵比寿ZESTでございます。
東口のエスカレーター降りたとこからわりと近くの
外観はプレハブ小屋ちっく、中はアメリカ西部のレストランって感じ。
広さもけっこうあって、ドリンクカウンター近くでは
モニターでスポーツ中継とか流してるから
サッカー観戦とかでかなり盛り上がれるに違いない。

私は知人と二人で行ったので窓際のテーブルだったけど
団体様などは真ん中あたりの席で、
なんかドラマとかに使われてそうな合コンとかできそうww

このお店、お台場にも渋谷にも(HP見たら広尾や西麻布にも)あるけど
ここの恵比寿店しか行ったことがないので
他のお店はよくわかりませんが、
ここ恵比寿店は場所柄か、外国人のお客様(欧米系)多し。
外国人の方とグローバルなお付き合いがしたい方は楽しめるかもー

強烈な頭痛催す憎しみの弾丸込めて劇鉄を引く 

今日も元気に映画鑑賞!
今日は久しぶりにアクション「アンフェア the movie」だお。

アンフェア the movieアンフェア     the movie
(2007/09/19)
篠原涼子   江口洋介

復讐の連鎖に終止符を打つため、雪平の最後の闘いが今、始まる。

雪平(篠原涼子)の娘が入院している病院がテロリストに占拠された!
SAT隊にも屈しない頑強なテロリストたち。彼らの要求は「警察庁が機密費を不正流用してプールした裏金80億円を2時間以内に用意せよ!」というものだった。最大の人質は、来院中だった警察庁長官。裏金の存在を明らかにしたくない警察とテロリストのリーダー後藤(椎名桔平)の緻密に仕組まれた頭脳戦の攻防。テロリストの真の目的を探る公安部の斉木(江口洋介)。そして、事件に巻き込まれた我が子を救い出そうとする雪平。
命を賭けた最後の闘いが始まった…。
<Amazon 内容紹介 より>

映画公開時に友達と観に行ったんだけど
篠原涼子さんのカッコ良さを再確認するために久しぶりに観てみました。

フジテレビ系人気ドラマの映画化作品で、
篠原さん演じる孤高の女刑事雪平夏見がとにかくかっこいいアクション映画。
ドラマのときは犯人当てのミステリー色が強かったけど
今回はSAT隊を相手にする銃撃アクションや爆発物解体とか
名作『ザ・ロック』を髣髴とさせる内容となっております。
相変わらず、篠原さんかっこいい!

ちなみに、連続ドラマとこの映画との間にスペシャル編が1本ありまして、
正直映画単体では楽しめないので、
連続ドラマと合わせてスペシャル編もチェックしてから映画見て欲しい。

アンフェア the special 「コード・ブレーキング ~暗号解読」アンフェア the special
コード・ブレーキング 暗号解読

(2007/04/04)
篠原涼子

残された恋の断片拾いながらミューズの足跡追いかけている 

今日も元気に映画鑑賞!
懐かしい気持ちになったので観てみました。

恋愛寫眞 - Collage of Our Life -恋愛寫眞 - Collage of Our Life -
(2003/11/22)
広末涼子 松田龍平

駆け出しのカメラマン誠人の元へ、学生時代の恋人静流からエアメールが届く。しかし、噂では彼女は死んだはずだった。プロにはなったものの、仕事に行き詰まりを感じていた誠人は、かつて不本意に別れたまま音信不通になっている静流に会うために、東京からNYへ旅立つ。誠人は静流のアパートをなんとか探し当てるが、そこに彼女の姿は無かった。厳寒の見知らぬ大都会で、誠人は静流との再会を果たすことができるのだろうか…。
TSUTAYA online  恋愛寫眞 - Collage of Our Life - あらすじ より>

これまでドラマ『池袋ウエストゲートパーク』や『TRICK』で
斬新な映像を作り出してきていた堤幸彦監督の初めての恋愛映画。
ところどころカットの切り返しとか堤監督らしいところもあるけれど
こういうも撮れるんだという新鮮さの方が大きい作品。
脚本は緒川薫さんという方で、
Amazonで検索すると『ケイゾク/小説 完全版』『QUIZ/完全版』『真夏のメリークリスマス』と
全部TBS系ドラマで脚本などされていたようです。

ときどき設定が強引というか説明なしにぽんと出してくるとこもあるけど
くどいよりはずっといい。
恋愛映画としてすごく素敵な映画に仕上がっている。
別れたカップルの男性のモノローグで始まるあたり
私の大好きな『ジョゼと虎と魚たち』に通じるところもあって
一度終わった恋だからこそ振り返られる美しさがある。

広末さんの透明感も、松田龍平さんのクールさもちょうど良く
その他は決して豪華キャスト!という感じの俳優陣ではないけれど
小池栄子さんは名脇役っぷり。
実力差があっただろうにすごくいい役だし、頑張ったんだろうなぁ。


ちなみにこの映画のコラボレーションとして
セカチュー(まちがえてました・・・・)
「今、会いにゆきます」などの市川拓司さんが執筆した小説『恋愛寫眞 もうひとつの物語』があり、
さらにそれを映画化した『ただ、君を愛してる』(レビューは→こちら←)
があるんだけれども、
主人公の名前やNYに渡るところは共通しているけれど
内容は全く異なっていて、監督も違うので作風も全然違う。
映画としてはこちらの作品の方が断然上です!


映画内の写真は、斉藤清貴さんというカメラマンが撮られているそうです。
写真集も気になります。
恋愛写真―Collage of Our Life PHOTO & DIARY恋愛写真
―Collage of Our Life PHOTO & DIARY

(2003/06)


いいわけと嘘の塗り絵がうまくなる黒一色の海を描くように 

ちょこちょこ読書。
ライトノベルチックな表紙である。

プシュケの涙プシュケの涙
(2010/02/25)
柴村 仁

「こうして言葉にしてみると…すごく陳腐だ。おかしいよね。笑っていいよ」「笑わないよ。笑っていいことじゃないだろう」…あなたがそう言ってくれたから、私はここにいる―あなたのそばは、呼吸がしやすい。ここにいれば、私は安らかだった。だから私は、あなたのために絵を描こう。夏休み、一人の少女が校舎の四階から飛び降りて自殺した。彼女はなぜそんなことをしたのか?その謎を探るため、二人の少年が動き始めた。一人は、飛び降りるまさにその瞬間を目撃した榎戸川。うまくいかないことばかりで鬱々としてる受験生。もう一人は“変人”由良。何を考えているかよく分からない…そんな二人が導き出した真実は、残酷なまでに切なく、身を滅ぼすほどに愛しい。
<Amazon 電撃文庫版 内容(「BOOK」データベースより)>

二部構成になっていて
一部は自殺した少女の謎を追うミステリー仕立て
二部は少女が少女として生きていた息吹を描く恋愛もの仕立て。

読んでみてわかったけど、
私やっぱこの本の購買層としてはちょっと違っていたかも・・・
中高生くらいかまたはライトノベル好きな方を対象としてるっぽい。
どうも感覚が若いんだよね。
それが悪いとは思わないけれど、ついていけないというのが本音。

言葉は日本語だから何言っているかはわかる。
設定や展開だってわかる。
でも根本的なところで共感できるところがないって言うか
言葉が上滑りしてしまうのだ、自分の中で。

前も書いたことがあるかもしれないけれど
本や映画とか自分の知識や情緒の血肉となるものには
いくらお金を掛けても無駄遣いにならないというMY法律があるが、
確実に読む時期や年を選ぶ作品もある。
この作品は私の血肉にはなってくれなかったようです。

決してつまらないとかひどい作品じゃありません
ただ、私にはもうこの時代を通り過ぎてしまったという話。

ゆっくりと時間が落ちてく壜の中砂金が窮屈そうにしている 

今日も元気に映画鑑賞!

マイ・ルームマイ・ルーム
(1999/02/26)
レオナルド・ディカプリオ
メリル・ストリープ

反抗的素行を続ける17歳の少年ハンク(レオナルド・ディカプリオ)に手を焼いている母親リー(メリル・ストリープ)は、20年ぶりに姉ベッシー(ダイアン・キートン)からの手紙を受け取った。長年父(ヒューム・クローニン)と伯母(グウェン・ヴァードン)の面倒を看てきたベッシーは、現在白血病に冒され、親族からの骨髄移植を望んでいるという。リーはハンクを連れて、久々に故郷へと戻るのだが…。
ロバート・デ・ニーロが製作し、医者役で出演もしているヒューマン・ドラマ。姉と妹の絆の修復や、その姉によってささくれていた心が癒されていく少年の心の揺れなどが繊細に描かれていく。何といっても見どころはそうそうたるベテラン名優たちの演技合戦と、その中で成長していくレオの初々しさ。本作のすべての魅力はそこにあるといっても過言ではない。(的田也寸志)
<Amazon.co.jp 商品の説明 より>

この映画は『ロミオ+ジュリエット』でMAX芸術美的レオ様を見て
ハリウッドスターとはこんなにも美しかったのかとびっくりし
(それまでスターは美しいというよりかっこいいと思ってた)
友人と熱を上げてレオ様作品を探しまくった頃に観た作品の一つ。

最近たまたまちょっと年上の人と話していて
一番好きな映画は何かという問いに対してこの映画が返ってきて
あぁ久しぶりに観てみようと思って借りてきました。

久しぶりに観たけど、
大人になって観るとさらに良くなったこの映画。

映画自体は、レオ様が芸術的に美しくなるちょっと前の作品。
今ではすっかり貫禄あるナイスミドルな役者になられましたが
この映画は彼が十代のとき、繊細で若くそして美しい彼がたっぷり堪能できます。
多感な17歳という年齢そのものが一つの時代だった頃
それはアイドル俳優としてのビジュアル的要素だけではなく
演技派俳優としての演技そのものが瑞々しい。

そしてそんな光放つレオ様だけでなく、
母親役のメリル・ストリープも、伯母役のダイアン・キートンもオスカー女優。
説得力ある演技は鳥肌もの。

猫達が優雅に奪ったベッドの端で眠った夜のような恋人 

ちょこちょこ読書。

ひとり日和ひとり日和
(2010/03/05)
青山 七恵

世界に外も中もないのよ。この世は一つしかないでしょ―二〇歳の知寿が居候することになったのは、二匹の猫が住む、七一歳・吟子さんの家。駅のホームが見える小さな平屋で共同生活を始めた知寿は、キオスクで働き、恋をし、時には吟子さんの恋にあてられ、少しずつ成長していく。第一三六回芥川賞受賞作。短篇「出発」を併録。
<Amazon 内容(「BOOK」データベースより)>

136回芥川賞受賞作品。
びっくりするほど柔らかな文章で、あれ芥川賞作品ってこんなだっけとびっくりした。
と言いつつも私は純文学系の芥川賞受賞作家よりも
大衆文学系の直木賞作家の方が断然好きだし、読んでる作品も多い。
なのでホントは芥川賞っぽいっていうのもわかってない。
だけどこれまで読んできた数少ない芥川賞作家作品と比べてみるとすごく
親しみやすくわかりやすい感じがします。
個人的にこの作品が河出書房から出ているのが納得という感じ。
河出書房ってこういう写真の表紙とか多いなぁそういえば。

物語はだるい若者とおばあちゃん(と呼ぶには気持が若い)の友情物語。
・・・・・あれ、なんか最近そんな物語あった気がするけど
あの書籍の名前ってなんだっけ・・・?
あぁあぁ思い出した!
西加奈子さんの『しずく』(レビューは→こちら←)の一遍ですな。
そうなんか設定だけじゃなくこの本全体に感じるデジャヴュ。


こういう文章を書く作家さんはたくさんいる気がする。
新鮮さとか、個性がない。
芥川賞他たくさんの受賞歴があるようだけど
本当にファンがつくかどうかは難しい気がする。

少しずつ嘘を吐き出す蛇口のように無視が出来ない身体の痛み 

ちょこちょこ読書。
今日は久しぶりにミステリー。

九杯目には早すぎる九杯目には早すぎる
(2009/02)
蒼井 上鷹

休日に上司と遭遇、無理やり酒に付き合わされていたら、上司にも自分にもまるで予期せぬ事態が―(小説推理新人賞受賞作「キリング・タイム」)。などなど、運の悪い男が不幸な目に遭う見本市のような、憐れにも可笑しい、上質のミステリー九編。「小物のセコさを書かせたら抜群にうまい」と評される著者の腕に酔い、大失敗のドキドキをご一緒にいかが。
<Amazon 内容(「BOOK」データベースより)>

5つの短編と4つの掌編からなるミステリー集。
この構成については村上貴史さんという評論家の方が解説を書かれているのだが、
これがすごくわかりやすい。
本編に関係ないけどすごくいい解説なんだなこれが
こんなに端的でかつ性格に作品をまとめてある解説も珍しい。

話しそれましたが、
こちらの作家さん本書に含まれる短編で
「日本推理作家協会賞」やら「小説推理新人賞」などの受賞経歴がある
人気の作家さんのようです、知らなかったけど。
で、本作がデビュー作品なんだとか(レベル高い)。
長編も書かれているようですが、この短編集読む限り短編ばっかでいいじゃんという感じ。
阿刀田高さんぽい。そう、阿刀田高ぽいんだよ。
ミステリーというかブラックユーモアなんだよね。
明確な謎が書かれていない作品だってあるし。

あぁ実家に置きっぱなしの阿刀田作品、ちょっと読みたい気分。

男一匹孤独と戦う夜深くピンク色した電話を鳴らす 

今日も元気に映画鑑賞!

今回はコメディ映画。
あれコメディ確か久しぶりだよね?の『ララピポ』です。

ララピポララピポ
(2009/07/10)
成宮寛貴 村上知子(森三中)

健治(成宮寛貴)は風俗専門のスカウトマン。囲った女たちの心と体を繋ぎとめる為、マンションに連れ込みフォローのSEXに励む日々。ある日、健治はデパートに勤めるトモコ(中村ゆり)をスカウトし、風俗店へと送り込んだ。
健治のマンション階下には引きこもりのフリーター博(皆川猿時)が住んでおり、健治のSEXを盗み聞きしてはオナニーに耽っている。ある日、博はロリータファッションの小百合(村上知子)と偶然知り合い、成り行きでSEXしてしまう。実は小百合は、男とのSEXをビデオに撮り、アダルトショップへ売ることで生活していたのだ。
一方トモコは、風俗店の客から執拗に迫られていることを健治に相談し、勧められるままAV女優になることを決意する。健治に好意を寄せるトモコは、彼の言いなりだった。
ところがある撮影現場で、トモコは実の母である良枝(濱田マリ)と出くわしてしまう。良枝もまた、健治が担当するAV女優だったのだ。。。
<Amazon 内容紹介 <ストーリー> より>

何かの雑誌でこの映画のメイキングというか
インタビュー記事を先に見ていて
成宮君がスカウトマン(似合いそう)、森山中の村上さんのゴスロリ(似合いそう)
っていうキャラクターは知ってたんですよ。
でポスター見たらなんかポップな色遣いだし
気になる映画としてインプットちゃんとされていました。
で、この度レンタル店で見つけたので借りてみる。


結果は、期待はずれ作品

思った通り、成宮君のスカウトマンはすごく色っぽかったし、
森山中の村上さんのゴスロリもめっちゃかわいかったし、
そして何よりすげぇ、こういう人たち居そうwwwという感じ。
中村ゆりさんもまぁ良かったし、
大人計画の皆川猿時さんもぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2ndの緑のおみくじさんが似合うし
濱田マリさんの寂れ具合も良かった。
つまりキャスティングは成功しているのに
脚本が締りが無くつまんない映画になってしまってる気がする。

群像劇になっているんだけど
核となる人物がよくわかんないの設定とかインパクトも弱い。
売れないB級映画の見本という感じ。


個人的オススメは村上さんの濡れ場かな。
私が男だったら抜けそうなくらい、好きなシーン☆

いい加減な味付けのまま覚えてしまった枕並べる生活が終わる 

トマト人間を飼う事になったバトン

Q1 ある日目が覚めたら、頭の部分がトマトの中途半端に逞しい二十前後の男性(黄色Tシャツ)が立っていました
A1 ひぎぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっっっっっっ!!!!
Q2 (設定編)そいつは貴方をお兄ちゃん/お姉ちゃんと呼んで慕ってきます。どうします?
A2 なんでだよ、つか誰だよ、つかなんで黄色Tシャツなんだよぉぉ!!!!
Q3 まあとりあえず、名前を付けてあげる事にしました。なんて名前にします?
A3 え・・・・・・・と・・・トミー?
Q4 貴方の家の中でのそいつのポジションを決めましょう。どこにします?(例:猫以下など)
A4 カオナシポジションしかねーよ!
Q5 そいつの居場所を決めましょう。どこにします?(例:物置の隅など)
A5 靴箱の前でいい?お客さん来たらドアに挟まれて隠れてねwwww
Q6 そいつが餌をねだってきました。何を与えます?
A6 ティッシュとか食べそうな顔してんね
Q7 そいつはどんな反応をしました?
A7 ニターって笑うな!怖ぇぇよ!
Q8 というわけでそいつのこれからの主食をどうします?
A8 トイレットペーパー1ロールあげるからちょいちょい自分でつまんでww
Q9 (生活編)そいつは風呂が好きなようです。が、入浴剤についてのケチを付けてきました。どうします?
A9 えーあんたにイチゴの入浴剤とか使いたくなぁい。ダブでいいじゃん。
Q10 風呂上りのそいつの服、どうします?
A10 えーちょっとコンビニでパンツ買ってくるから待ってよw
Q11 貴方が相手をできない間の暇潰しに何かを与える事にしました。何にします?
A11 ルービックキューブとか好き?
Q12 そいつは頭が良いらしく、T大入試の問題をあっさり解けるそうです。どうします?
A12 もしもしT大の脳科学研究室ですか?頭がトマトなのに人間の体で生きてる動物興味あります?
Q13 そいつは運動が出来て、特にサッカーが得意だそうです。どうします?
A13 もしもし日本サッカー協会ですか?頭がトマトなのに人間の体で生きてる動物でも選手登録できるんですか?
Q14 そいつは歌が上手く、普通に歌手レベルです。どうします?
A14 もしもしサンミュージックですか?頭がトマトなのに人間の体で生きてる動物のテイで芸人売り出してみませんか?
Q15 そいつは絵が上手く、すぐにでも画家になれそうです。どうします?
A15 もしもし武蔵野美術大学ですか?頭がトマトなのに人間の体で生きてる動物でも入学願書受け付けてもらえますか?
Q16 そいつには特技が沢山ありますね。さて、貴方がそいつに勝てそうな物あります?
A16 ・・・・・まずっ!私も下手だけど、あんた何入れたらこんなマズいもんできんの?
Q17 (イベント編)もしもそいつがイケメンだったらどうします?
A17 トマトがなぁwwww残念な感じなんだよなぁwwww
Q18 もしもそいつが逃げたらどうします?
A18 ペット逃げたわけじゃないけど・・・・警察に言うべきかなぁ
Q19 そいつが、実はトマトの神なんだと言ってきたらどうします?
A19 え?そうなの?え?なんかいいことある?
Q20 そいつが次に行く先はどこですか?(バトンを回す相手)
A20 あ、次行くの。え?あ、帰るのね、はぁ~い。
ネタがないからバトンする。
もうこれバトンって言えるのかもよくわかんないけど
まぁいいか。

幼子の泣き声響く真夜中に私の影だけ忘れられてる 

ちょこちょこ読書。
今回は歌人の東直子さんの小説です。

水銀灯が消えるまで水銀灯が消えるまで
(2010/02/19)
東 直子

郊外のさびれた遊園地「コキリコ・ピクニックランド」には、なぜかわけありの人々が集まってくる。勤め先の金を持ち逃げし、遊園地の物置に住みついた女性銀行員。愛人に会社をクビにされた美人の受付嬢。記憶喪失で行き倒れていた正体不明の女性…。さまよう彼らに、居場所は見つかるのか?ユーモラスでどこかせつない、気鋭の歌人のデビュー小説集。
<Amazon 内容(「BOOK」データベースより)>

私はこんだけ短歌を読んでいるのに、
本当に勉強不足でございまして
この東直子さんの歌もほとんど知らないです。

唯一知っているのは同じく歌人の穂村弘さんと共作で出された
『回転ドアは、順番に』(レビューは→こちら←)くらいです。

正直な感想を言えば、特別感動することは無かった。
きちんと読み込めば歌人らしい言葉の選び方とか発想の仕方とか
きっとたくさん素敵なところがあったと思うんだけど
なんというか直接私に響くものが無かったので仕方が無い。
このレビューを書くにあたって軽く読み直そうかと思ったくらい。


歌人の人が物語を書きたくなるのは何ででしょう。
やっぱり三十一文字じゃ足りなくなるからでしょうか。
あーでも、
もともと物語を書くことが現代ほど一般的なものではく
歌を詠むことの方がコミュニケーションの一つとして重要だったと違って
創作という同じカテゴリーに入る今となっては
物語の中で歌を詠むのではなく
物語を書くことも歌を詠むことも別々にだけど同列の価値を持つのかも。
そういや樋口一葉も歌集だしてたな・・・・
引っ張り出して読んで見ようかなぁ。

計画的別れはまるで映画のように片方にだけ響く淋しさ 

第33回 日本アカデミー賞発表の日。


正確に言えば新人賞に選ばれた俳優出演作は優秀賞作品とは違うけど、
それを含んだとしても
日本アカデミー賞に選出された映画は
今年も400以上の邦画が上映された中で21作品のみ。
いかに選考が偏っているんだって話ですよね。

そんでもって、去年より全体的に重いなって感じ。
けど、気になる作品が少ないんだよね、全体的に層が薄い!
去年は『おくりびと』があって
『歩いても 歩いても』『ぐるりのこと。』があったのになぁ。
続きを読む

女友達の昨夜の愚痴は朝一番ブラックコーヒー飲んで忘れる 

ちょこちょこ読書。
今日は久しぶりに田辺聖子さん本。

孤独な夜のココア孤独な夜のココア
(2010/02/26)
田辺 聖子

あなたとめぐり合うことができて、よかった。同じ時間を過ごすことができて、よかった。今ではすべてがもう夢のように思われるけれど……。心の奥にそっとしまわれた、甘苦い恋の記憶を、柔らかに描いた12篇。恋の温もりと儚さ、男の可愛げと女の優しさを、こまやかな言葉の網で掬いあげ、世代を超えて心に沁みわたる、田辺聖子の恋愛小説。そのエッセンスが詰まった、珠玉の作品集。
新潮社  新潮文庫  書籍詳細:孤独な夜のココア より>

上のカバー画像の帯に書いてある通り、
1978年に新潮社より単行本が刊行され、約30年経っての復刊。
田辺さんの人間関係の切り取り方のうまさに感動する。
なぜって全然古臭くなってないのだ、女も男も。

そりゃ社会はそれなりに変わったので、
ちょいちょい設定で今と違うなぁと感じるところはたくさんあるけど
(例えばOLは25歳で古株といわれるとか)
それでも30年も前のセンスとは思えないところが本当にすごい。
この間読んだ松本侑子さんの方がよっぽど昭和的でダサかった。

男社会の中、
仕事する女として仕事する女を書き続けてきた人だからこそ
古び無いところがいつまでもカッコイイ。

奪われた心に奴隷と名がついて赤の首輪のおもちゃになる我 

今日も元気に映画鑑賞!
今日は、私の好きな犬童一心監督の新しい作品『グーグーだって猫である』です。

グーグーだって猫であるグーグーだって猫である
(2009/02/06)
小泉今日子 上野樹里

吉祥寺に住む、天才漫画家の小島麻。今日も、アシスタントのナオミ、仲のいい三人組の加奈子、咲江、美智子と徹夜で締め切りに追われていた。
その翌日、いつものように麻子が愛猫のサバに話しかけると、サバは冷たく動かなくなっていた―。
サバを亡くした悲しみがあまりに大きく、麻子は漫画が描けなくなってしまう。そんなとき、出会ったのは一匹の小さなアメリカンショートヘアー。名前は「グーグー」。
一緒にご飯を食べて、散歩をして、寝るという、なんとも幸せな毎日。不思議な青年、青自との恋の予感、アシスタントたちと話す新作のアイディア、色々なことがうまく動き始める。
だがある日突然、麻子は思いがけないことを知らされる・・・。
<Amazon 内容紹介 【ストーリー】より>

私実は動物感動作ってどうも苦手なんですよね。
なんかかわいい動物で鳴かせるのってズルイ気がしてしまうから。
最初はこの映画もそういう系統の作品だと思っていたのですが
公開当時、いろんな雑誌で犬童監督や上野樹里ちゃんのインタビューを読んでいると
どうもこの原作者であり話のモデルでもある大島弓子さんにとても思い入れがあるようで
それなら観てみるかと重い腰を上げたのです。

しかし、残念ながら私にはいまいち響かなかった。
実を言うと大島弓子さんの作品は一度も読んだことが無く
そもそも世代が違うし、作風も全く知らない。
劇中出てくる漫画は大島弓子さんの作品を使ってるそうですが
やっぱ70年代って感じの絵ですよ、やっぱ私の母世代のマンガ家さんだなぁ。
この頃のマンガって萩尾望都さんとかもそうだけど
かなり哲学っぽいんですよね、映画もちょいちょいそんな感じ。

けどねぇ、原作はどうか知りませんが構成で失敗した感じのする映画。
主演は小泉今日子さんだけど、視点は上野樹里ちゃん。
あと合間に登場するマーティ・フリードマンの役がホント謎。
いるのか、ホントに必要なのかその語り!てな具合。

大島弓子さんの哲学的マンガのエピソードを引用してるので
そっちをもっと掘り下げるか
にゃんこちゃんたちを主役にしてもっと猫のかわいらしさを追求するか
スタンスを明確にすべきだったのになぁと思う映画でした。


個人的には
『天然コケッコー』『あしたの私のつくり方」に出てた
ちょっとモサイ感じだった柳英里紗ちゃんが
かわいい女子高生になってたところが見所だと思います。

新宿に我等がジョン・レノ降り立ちて平和を歌いつ派出所に消える 

今日は久しぶりに新宿で一人ランチ

居酒屋六蔵 新宿東口店
居酒屋六蔵 新宿東口店

ここは前に、知人との飲み会で利用したこともあるのですが
夜のメニューはモツ鍋とかがメインでがっつり食べる系。
今日はたまたまお昼前に外歩いていたら
ランチの看板が出ていてしかも早い時間に行くとランチドリンクサービスだって!
ということでホントは別の駅にその後用事があったから
移動してからランチにしようと思っていたのに
おいしそうなランチメニューとそのリーズナブルさに思わず惹かれてしまった。

ランチメニューは週変わりらしいんですけど、
どんぶり定食、お肉の定食、お魚定食などが790円から900円くらいで食べれて
かつタイムサービスでドリンクもつくなら、
東京のランチ事情では十分お得な感じです。

あと、忙しい時間になる前だったからかもしれないけど
従業員さんみんなが元気があって且つ丁寧なサービスをしていて
印象が本当に良かった。

いつもより早めの春に浮かれるのを恋のせいにはしないでおきます。 

今日も元気に映画鑑賞!
今日はV6岡田君の久々の恋愛映画。
おと な  り」です!!!


おと な  りおと な  り
(2009/11/04)
岡田准一 麻生久美子

風景写真を撮りたいという夢を抱きながらも、友人で人気モデルのシンゴの撮影に忙しいカメラマンの聡。一方、フラワーデザイナーを目指して花屋のバイトをしながら、フランス留学を控えた七緒。同じアパートの隣同士ながら、一度も顔を合わせたことがないふたりは、ともに30歳で恋人なし。いつしかお互いに隣から聞こえる生活音に安らぎを感じるようになる。音によって心を通わせる、ふたりの恋の行方は…。
<Amazon 内容紹介 【ストーリー】より>

熊澤尚人監督の作品。
岩井俊二監督の作品でスタッフとして参加していた監督さんなので
岩井色を色濃く残す作品が多いので、今回も気になっていました。

恋が始まりそうで始まらない。
もどかしい感じが別々の人間との出会いで描かれているのが面白かった。
この世界を盗み見しているこちら側の人間にしてみれば
ニアミスが続く二人の微妙さが心をうずうずさせる。
ちょっと強引な展開がラストにくるのだけど、
待待たせに待たされた観客にとってはほっと一息つけるものでもある。
脚本も好きだし、映像も光加減が柔らかくて好きだ。


そして、そして巧い役者がそろっているので演技も見ごたえあり。
岡田君の淡々とした演技はわざとだと解釈して
やっぱり麻生久美子さんは映画女優だなぁとつくづく思う。さすがに巧い。
2008年、2009年の映画出演本数はホントにすごい。
そして、若手でめきめき実力挙げている谷村美月ちゃん
もうひとりの岡田(岡田義徳)さんのいらっとさせる感じも最高だ。


V6の岡田君、前の恋愛映画『Tokyo tower』では、
「恋はするものじゃなくて、落ちるものだ 」と言ってましたが
今回はゆっくり「恋になって」いってます。

始まりの朝の豊かな光さえ貴女の為に用意されている 

ちょこちょこ読書。

海と川の恋文海と川の恋文
(2010/01/23)
松本 侑子

18歳の遙香は、二人の上級生に出会う。自主映画を撮る徳明、演劇部を主宰する修平。二人の間でゆれながら、初恋に別れをつげて、女優へ。忘れられない思いを胸に、月日は流れた。そして再会、「ずっと好きだった」。だが若い日という川は海へ出てもう、もどれない。人生の光と影を知り、大人になった三人。全編に流れる、甘く苦い青春の郷愁、大人になっても消えない恋のときめき。懐かしくてドラマチック、心にしみる恋愛小説。
<Amazon 内容(「BOOK」データベースより)>

正直な感想を言う。
「こんなのいまどき大真面目に書いちゃう人いるんだwwww」

読んでてこっぱずかしくなるほど、設定が古い。
いや、そもそもね物語内の設定が昭和70年代後半から80年代くらいっぽいけど
まぁ、いいんですよ別に。
それはいいけど、展開そものが昭和の香り。

女優デビュー、妊娠、中絶、難病、不倫・・・・
昼の帯ドラマかっつーのっていう位詰め込みすぎワロタ。
ネタとして書かれているならまだしも
この作者、本気でこれがウケると思って書いていそうで怖い。
単行本発売が2006年、おりからの韓流ブーム・「セカチュー」などの純愛ブームに
便乗しようとして黙殺された感満点の一作です。 

上に引用したAmazonの商品紹介にもある通り
確かに懐かしい感じはするけど、とにかく読んでいて恥ずかしい。
本人は良かれと思って書いている辺り、
高校時代の文芸部誌投稿作品を数年たって読んでいるみたいwww
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。