恋するタタタン 2012年05月

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭先でいってきますといってらっしゃいが寂しさ残す晴れの日の朝 

姉の結婚式の為帰省する。

姉も地元を離れており、
旦那様の御実家も遠く離れた所なのだけど、
姉の我が儘を聞いて下さり大社での結婚式。
幼い頃より詣でて来た大社での結婚式はやっぱり感慨深い。


ところで、式が終わり集合写真も撮ったあとハプニング。
私と違ってがりがりな姉は、
緊張と白無垢の重さに堪えられず貧血に。

関係者には先に退席して頂き、
介添えの方と母と私と旦那様とが残っていたのだけれど、
一人で立ち上がれない姉が手助けを必要としたのは旦那様で、
今までそんな風に弱々しい姉を見た事がなかったのでなんだか気恥ずかしかったけど、
結婚ってこういう事からスタートなのかなと思いました。

お姉ちゃん、お幸せに。

スポンサーサイト

30になったら嫁にもらってやると言った男の披露宴 出席に○ 

久しく連絡をとっていなかった、
地元や大学時代の男友達から相次ぎ連絡がくる。



「今日結婚式してきた」
「お盆にやるんだけど帰って来れる?」


正直出たくない。
私今ぐちゃぐちゃだから、
もう壊れた自覚があるから
昔の友達には会いたくない。




結婚する気がない人と、都合よく恋愛した気分でいる自分を愚かと思えど否定出来ない。

結婚したいけど、できない。
とか言いつつ、本当は結婚したくないのかも、私も。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。