恋するタタタン グリップを握る両手を背中から見ていた あなたの命も抱えて

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリップを握る両手を背中から見ていた あなたの命も抱えて 

ちょこちょこ読書。
読まず嫌いを直そうかと思って挑戦した。

冬のひまわり  (2008/12/5) 五木 寛之

夏が巡るたび、深まる想い―。20年にわたる男女の愛の軌跡を、透明なタッチで描いた恋愛小説『冬のひまわり』と、古都・金沢を舞台に、若き日の恋を描く珠玉の名作『浅の川暮色』の2編を収録。
<Amazon 内容(「BOOK」データベースより)>


まず、はじめに。私、五木寛之という作家が嫌いだった。
その名を知ったのは、私が高校生の頃『生きるヒント』という随筆集だった。
母親の本棚だったかもしれない。
ただ、その本のタイトルを見て、説教臭いし、うさんくせぇーと思ったのだ。
そう、こちらは社会的ステータスの中でもかなり強い「女子高生」で
枯れたおっさんに上から目線で「生きるヒント」とか言われたくない!
そっちこそホントに大腕振って歩けるようなご立派な人生なの!?と
かなりうがった、しかも偏見に満ちた印象を持ったものである。

その後、俳優・渡部篤郎にハマっていた時期があり、
渡部篤郎が『大河の一滴』という映画に出るというので
原作を読んでみようと初めて五木寛之の作品を手に取った。
詳細を全く覚えていないが、
10Pくらいでこの作家とは気が合わないと思って読むのをやめた。
それ以来、五木寛之作品を書店で手に取ってあらすじを確認したりすることもなかった。

そして今回の本である。
タイトルに引かれて著者名よく見ずに手に取ってみた。
五木寛之だった。
その瞬間購入を躊躇ったけど、自分も年齢を重ねたことだし
新たな発見があるかもしれないと思い購入してみた。


結果。やっぱ、気があわないww


まず冒頭から、地の文が一人称視点、三人称視点混在していて
三人称視点で書かれた次の文章で、「~なのはなぜだろう」と一人称視点の疑問形。
また次の段落では<>書きで「~かしら」と疑問形を重ねるという。
どれかに、統一してくれよ。

さらに、登場人物の行動描写も名前で書いたり、彼女・彼と書いたりで
女性二人が出てくるシーンで

彼女は顎を上げて麻子の姿をさがした。
(中略)それは、彼女と知り合った中学時代からそうだった。


という文章があり、
よく読めば、最初の「彼女」はと次の「彼女」が違う人物を指すのはわかるけど
ちょっと止まって確認しながら読んだ。
流れるように物語を読みたいのに、
私のスピードと作品でちょっとずつズレがあって
それが読むときのストレスになる気がする。
気にならない人は気にならないことだと思うので相性の問題かなとは思う。

また、物語全体として男性的な恋愛小説だなぁと感じた。
男性が、こういう女性いたらいいなとか、
こんな恋愛あったらいいなという理想的な配置図というか
登場人物たちの行動もすべてコントロールされていて
なんとなく女性として反発したい気持ちに駆られる。

社会的ステータスはかなり低い
もう三十路も過ぎた独身おばさんですが言ってもいいですか
「いいおっさんの理想郷は異世界の話」。以上。

また、当分五木寛之は読まない。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://myonmisohitomoji.blog104.fc2.com/tb.php/1921-17351691

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。