恋するタタタン 指先があなた以上におしゃべりで嘘と決意を教えてくれた
FC2ブログ

指先があなた以上におしゃべりで嘘と決意を教えてくれた 

まったり映画鑑賞
今回は山田洋次監督作品。

小さいおうち



昭和11年。田舎から出てきた純真な娘・タキは、東京郊外に建つ少しモダンな、赤い三角屋根の小さなお家で、女中として働きはじめた。そこには、若く美しい奥様・時子と旦那様・雅樹、そして、可愛いお坊ちゃまが、穏やかに暮らしていた。 しかしある日、一人の青年・板倉が現れ、奥様の心があやしく傾いていく。タキは、複雑な思いを胸に、その行方を見つめ続けるがー それから60数年後の現代。晩年のタキが大学ノートに綴った自叙伝には、”小さいおうち”で過ごした日々の記憶が記されていた。 残されたノートを読んだ親類の健史は、秘められ続けてきた思いもよらない真実にたどり着く。(C)2014「小さいおうち」製作委員会





山田洋次監督は、特に好きな監督というわけではなく
あまり作品は観たことがないので、他の作品と比べてどうと語ることはできないけど
この作品は結構好きでした。
戦時中を扱った映画が好きでない私にとって、珍しい作品となりました。

まず、松たか子さんが美しかった。魅惑的な人妻って感じで良かった。
明るく笑って、素直で、お買い物や音楽が好きで、時に拗ねたりして、
少女のようなそれでいて着物が似合う大人の女性。
女学校の友人が、昔からモテたというのもわかりますね。

他気になった点。
まず、現代のタキの書いた自叙伝を読みつつ
「この時代は満州事変の後だろ、そんな雰囲気なわけないじゃないか」などと
とにかく表面上の昭和史に詳しく、否定的な意見を言う大学生の親類役の妻夫木君ですが
断言してもいい。工業・建築系の大学生で、友達も彼女もいるリア充で
そんな昭和史に明るいやつなんていない。ここはリアリティがない。
繰り返し「ホントのことを書かなきゃダメじゃないか」と言わせるための
無理やりの演出ぽかった。

また、タイトルにもある小さいおうちの外観のセットがちゃちくて
学生の演劇の舞台セットみたいなんだけど、それで良かったのだろうか。
AMAZONの他の人のレビューなどをみていると
タキの書いた自叙伝の中の小さいおうちなので
わざと作り物に見えるようにしてあるんじゃないかと考察されている方もいて
なるほどなぁとは思った。
それでも、家の中の調度品などは凝ってたりするからやっぱり外観セットも
もうちょっと気合入れても良かったんじゃなかろうか。

最後に
原作の小説とは変えた演出がいくつかあったようで
物語自体の解釈がいくつもできる内容になっています。
小説でもそうだったようだけど、その解釈の一つを映像化してみせたって感じでしょうか。
本をまた読めるようになったら原作の小説挑戦してみたいなぁ。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://myonmisohitomoji.blog104.fc2.com/tb.php/1942-874a251f