恋するタタタン シンデレラなんかじゃないけど愛おしい猫かぶり姫のとなりで夕暮れ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンデレラなんかじゃないけど愛おしい猫かぶり姫のとなりで夕暮れ 

ちょこちょこ読書。
読書熱、平熱からちょっと上昇気味。
まだ軽いものばっかだけど
まぁ、よしよし。


今回は『佐藤さん』
佐藤さん佐藤さん
(2007/06)
片川 優子

この表紙のオレンジが爽やかでかわいい。
えぇ、表紙買いです。


幽霊に憑かれやすい佐藤さんと、幽霊が見えちゃう佐伯君
高校生の二人を中心とするハートフルな短編連作。
表題作であり、この連作第1作は
著書が主人公よりもなお幼い15歳、中学3年生の時に書かれた作品。

そう思って読めば、
デスノのリュークのようなもん背負って教室にいる佐藤さんも
それに怯える佐伯君もどことなく高校生っぽくない。
文章から受けるイメージは中学校なんだよなぁ。


がしかし、独りよがりな文章かと言えばそうでもない。
『リアル鬼ごっこ』の山田悠介なんかよりはるかに巧いし好感が持てる。
アマゾンレビューにある通り、注目株であることも間違いない。

ぶっちゃけ「若者のリアルを描く現役十代の作家」っていう肩書きがあったとして
それって期限短いし。
十代以降の方が生きていけばはるかに長くなる。

感情の希薄な十代のリアルを切り取るなんてパフォーマンスより
心情を丁寧に描いて多くの人を納得させられる方が
よっぽど難しいけど大事だと思うので
そういう作家さんになれるであろう著者に今後も期待。
関連記事

コメント

読んだ後、心の中にやさしい風が吹いてくる、
そんなお話でした。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

Re: タイトルなし

>藍色さん
TBありがとうございました。
またお邪魔します。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://myonmisohitomoji.blog104.fc2.com/tb.php/706-a4bdc75f

佐藤さん 片川優子

現役高校生作家注目のデビュー作。青春時代のみずみずしさがあふれる第44回講談社児童文学新人賞佳作受賞作。ナイフを持っているわけではないし、不良でもない。ごく普通のクラスメイトの女の子を僕が怖がる...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。